トヨタで実証された OODAループ

OODAループは、孫子の兵法宮本武蔵「五輪書」トヨタ生産方式などに影響を受けて米軍で開発されました。シリコンバレーをはじめとして日米の先進企業で導入され実証された成功法則です。

PDCAの代表事例としてトヨタが紹介されていますが実態は違います。トヨタの現場はOODAループで回っているのが実態です。トヨタの経営の方々もOODAループになっているとおっしゃられています。

何よりも、OODAループを提唱した米国空軍ジョンボイド自身が、トヨタがビジネスの世界で最も成功しているOODAループを適用している企業であると言っています。トヨタのほか今日持続的な成長を果たしている先進企業ではOODAループが適用され始めています。

私どもが関わらさせていただいている企業のトップマネジメントの方々は例外なくPDCAではなくOODAループが必要であると賛同されていらっしゃいます。

OODAループは部分的に導入適用して成功するものではありません。一人一人の思考の転換が何よりも重要となっています。




OODAループを導入するには ▶︎OODAループの導入

実際にOODAループ導入をお考えの方々へ

1. OODAループを導入・適用している組織では、最初に社内向けの講演会を開催されています。講演会の詳細は>こちら

2. そこで組織内のメンバー全員がOODAループの魅力を納得し、次の社内研修のステップに進まれています。研修・トレーニングの詳細は>こちら