日本企業再興のための活動

トップマネジメント コンサルティング

私たちは日本企業が再興するために、日本企業が低迷している原因を包括的にとらえて次世代組織への転換 エンタープライズ トランスフォーメーション EXをお手伝いしています。

日本を代表する企業がクライアントになっています。


日本企業の強みを活かす経営

激変する環境で企業は目指すビジョンを構築しビジョン実現の戦略を遂行しなくてはなりません。しかし、多くの企業で、経営者が考えているビジョンと現場に乖離があります。

これまでの多くの戦略コンサルティングは、デカルトやカントを源流とするアングロサクソン系の経営理論に基づいてトップダウンの指示による企業運営を前提に改革を提案してきました。これでは日本企業は勝ち残れません。

欧米の経営理論を完全に踏まえた上で、なおかつ、日本企業の強みを活かす経営が必要です。グローバルで欧米をはじめとした企業と競争するにおいても、日本で創業した企業が勝ち残るためには圧倒的な強みを見極めて生かす必要があります。

アイ&カンパニーは、日本企業の強みである現場の力を活かすことを考え、企業改革を行っています。


持続的な企業価値向上を実現

これまでのコンサルティングは作業の結果を報告書に取りまとめ報告して終了するものが主でした。企業の真の課題を解決するためには、組織能力が重要となっており、報告書をまとめて報告するだけでは課題解決は困難です。

現場の力を強化することにより組織が強くなります。

アイ&カンパニーは、コンサルティングを通して当初から組織文化の活性化、組織能力の向上、制約となっていた制度の見直しをも対象にして作業を進めてまいります。顧客企業の環境感知と情勢判断(センスメイキング)そして意思決定の能力向上まで関わってまいります。

経営者のための本物のコンサルティング

多くの企業で、経営者が考えているビジョンと、現場の意識に乖離があります。企業の経営者は、企業の結果責任を含む最終責任者であり、その立場から求められるものが異なります。

多くの戦略コンサルティングファームが経営企画部門に対しベストプラクティスに関する情報提供などの支援をしています。多くのITコンサルティングファームが情報システム部門に対する支援をしています。

昨今はデジタルトランスフォーメーション(DX)が話題ですが、デジタル化だけしても組織が古いままでは日本企業の再興はあり得ません。

アイ&カンパニーは、企業の経営者の立場に立ち結果を重視し、組織のメンバーを主体として意識改革することをとおして、組織のメンバーが中心となりビジョン策定とビジョン実現のための戦略策定そしてその実現を進めて参ります。


包括的な企業改革

日本企業が再興し勝ち残っていくために、基幹業務/組織の改革、デジタルトランスフォーメーション(DX)、本社機構/全社組織機構の改革にとどまらずに、組織メンバーの意識改革までを包括的に転換するエンタープライズトランスフォーメーション(EX)を実施しています。

アイ&カンパニーは、激変する環境で経営者の目指すビジョンと現場のメンバーの意識を合わせることで、劇的な生産性向上、持続的な企業価値向上の実現をお手伝いしております。

結果を重視し企業の業績ROE向上そして持続的企業価値成長を実現する企業改革に実績があります。激変する環境で目指すビジョン実現のために、財務パフォーマンスの分析から業績向上を実現する事業、業務、工程、組織、IT、そして、組織文化、風土、エンゲージメント意識などの企業改革構想策定から構想実現を一気通貫で行います。


企業改革の実績:成功事例 ▶︎成功事例:企業改革の実績と成果

私共が関与させていただいてきた企業は、包括的な企業改革を行い、各業界で1位あるいは2位の地位を、築いたり確固たるものとしたりしております。


独自の実証されたモデルと方法論

企業改革を実現するために適用しているのが、私共独自のモデル(フレームワークとテンプレート)および方法論です。


アイ&カンパニー  活動内容

アイ&カンパニー・ジャパンは、日本の主要産業において大規模な企業改革EXに取り組まれている企業の多くに関わらせていただいております。


弊社メンバーの講演・著作活動 ▶︎講演・著作活動

弊社メンバーの主な講演・著作活動は、次世代組織への転換、エンタープライズトランスフォーメーション(EX)の分野全体に及び、包括的なアプローチによる企業改革を実現し、企業改革のオピニオンリーダーと認知されています。


アイ&カンパニー・ジャパン会社紹介

企業改革を行ってきた日本の大手グローバル製造業の大半が、私どものクライアントです。「勝ち残る戦略」から「企業改革」の一気通貫の遂行において、圧倒的ナンバーワンの実績を残しております。


お問い合わせ

お問い合わせは、以下に記載いただけますでしょうか?


次ページ▶︎企業改革の実績と成果