OODAループ:コロナ時代にPDCAでは生き残れない⁉︎


OODAループ(ウーダループ、OODA Loop)は、一生を通してあらゆることに使える世界最速で最強の思考法です。あらゆる所で適用できる戦略の一般理論(grand theory) ともいわれています。「みる>わかる>きめる>うごく>みなおす」の英語の頭文字からOODAループの名称が付けられています。


コロナウイルスのパンデミックにより、コロナ以前の世界と常識が大きく変わってしまいました。コロナ後の世界は一人ひとりが主体的に考え実行するOODAループが必須の世界です。


 

コロナの前後で会社員がどのようになるか見てみましょう。

ビフォーコロナ(通勤時代) ーーー

通勤って地獄ですよ❕

ウィズコロナ(在宅勤務開始) ーーー

通勤って無駄だったなぁ

通勤って運動にはなってたなぁ

アフターコロナ(ノマドワーク) ーーー
新入社員:

通勤って先輩の時代にはあったんですか❔

通勤を強要する会社はブラックですよねぇ❕

中堅社員:

通勤ってホント無駄だったわ❕

広い家に引っ越した❕

二人が在宅勤務で コロナ離婚 しました❕

管理職:

PDCAしか出来なくて、ついて行けないんです

管理職が要らなくなって、コロナ離職 しました❕

社長:

人望はあったんですが、改革の指揮ができず、コロナ解任 されました

コロナ後の世界では、一人ひとりが主体的にOODAループ思考で行動するとともに、企業なども自律分散でOODAループを使い経営していくことが必須であるといわれています。


OODAループは、ビジネスやスポーツそして、ゲーム、受験、就活、婚活、仕事などの日常生活の世界で広まっています。

ビジネスの世界で、シリコンバレー企業などの高い収益性や成長性を実現してきたのがOODAループです。目指すビジョンつまり成果を組織で合意してから行動します。このOODAループがコロナ時代にはあらゆる人や組織で必要とされています。

スポーツの世界でも、OODAループが優勝のために必須の思考法になっています。例えば世界上位のラグビーチームがOODAループを実践しているのは有名な話です。

OODAループは、幸せな人生を送るための人間的要素を網羅する思考法であり、ビジネスを変える組織論であり、教育現場を変える教育理論でもあります。

一方日本では、OODAループをPDCAと同列に議論することで、OODAループの本質を見失っています。これではコロナ時代に成功しません。


私たちは、200点を超えるOODAループ軍事理論および兵法や認知科学など関連分野の最新文献を研究し、シリコンバレーと日本の現場で適用してきました。ここで実証されたものが、私たちが提唱しているOODAループ一般理論です。

このページでは、このOODAループ一般理論を次の3つの点で紹介します


日本は先進国で生産性と賃金が最下位です。
私達はコロナ時代での日本再興のためOODAループを提唱しています。
既に先進企業はOODAループを取り入れ劇的な成果を出しています。


OODAループとは何か


みる・わかる・きめる・うごく・みなおす/みこす

OODAループは、あらゆる所で使える汎用的な思考法です。

OODAループのプロセスは、

  • みる (見る、観る、視る、診る) :知覚Observe
  • わかる (分かる、判る、解る) :認知:Orient
  • きめる (決める、極める)   :判断:Decide
  • うごく (動く)         :実行:Act
  • みなおす (見直す)                 :改善:ループLoop

の五つからなっています。思い起こしてください。人は誰もが、このOODAループの五つのプロセスで行動しています。

OODAループを正確に画像で示すと以下になります。

OODAではなくOODAループが重要

図に示されているように、OODAループは、ループが重要な意味を持っています。一方向のサイクルではありません。ショートカットのループで直観を駆使します。このループで世界最速の思考が可能となるのです。


OODAループのPDCAとの違い

OODAループは、PDCAとは全く別物です。要するに、メタ思考法のOODAループが汎用的なネットに接続したリアルタイム処理OSとすれば、継続的改善手法のPDCAは品質管理用バッチ処理アプリです。想定外のこと(VUCA)が起こるコロナ時代にはPDCAで全てのことには適応できません。

PDCAとの違いについて疑問をお持ちの方は詳細をこちらでご覧ください。


組織向けと個人向け

それではOODAループを「組織向けOODAループ」と「個人向けOODAループ」の視点で紹介いたします。


個人向けOODAループの使い方


OODAループ思考

OODAループは、あらゆる分野で適用される戦略の一般理論 grand theory of strategyと言われています。俊敏に判断し行動する思考法でもあります。米軍で作られ世界の軍事戦略を一変させました。現在、広くビジネスや政治そして私生活などで使われるようになりました。

OODAループを身につけると、臨機応変にテキパキと動き、頭の回転が速いと評価されます。顧客や上司そして異性から頼り甲斐があり、心地よいと思われます。


直観でうごく「OODAループ思考

OODAループを身につけることで、最速の思考ができます。

計画を立ててから行動するといった固定観念を捨てます。計画マニュアルを鵜呑みにしてはいけません。その場をよくみて、その場で考えて行動します。

堅牢な世界観を作ることができれば、頭の回転が速くなります。OODAループの2番目「わかる」で実際の世界を観て世界観を更新していきます。

人は知らず知らずに癖や思い込みがあり、わかっているつもりが偏っていたりします。わかっていることをうごいて確かめ、みなおしていきます。

OODAループを身につけると、以下のようにして直観力が身につき、瞬時で判断して実行できるようになります。

  1. OODAループのプロセスにより、速くなります。
  2. わかっていると、みて、直ぐに気づけます。
  3. わかっていると、俊敏に動けます。
  4. 効果的な動きがわかっていると、結果を出せます。
  5. うごいて、検証し鍛錬できます。
  6. みなおして、学習できます。
  7. 直観により瞬時に決められ直ぐうごくことができるようになります。

OODAループ思考の紹介は、こちらを参照してください。


個人向けOODAループ入門書
:OODAループ思考 [入門]

日本人のために書かれたOODAループそのものの使い方マニュアルが「OODAループ思考」です。2005以来のOODAループの実務適用、2015年以来の本サイト等での論文の公開と意見交換、ジョンボイド著作と200点を越える関連参考文献の研究と実務検証に基づいてチームで完成させた力作です。

OODAループ思考の紹介は、こちらをご覧ください。


組織向けOODAループの使い方


日本型経営の限界

1990年代までの日本企業は希望に満ち溢れて活気があり、世界を席巻する勢いがありました。しかしその後の日本企業そして日本経済は停滞したままです。こんな症状が起きていませんか?

・前例踏襲ばかりで、事例がないと却下される

・指示待ち社員ばかりで、提案がない

・保身しか考えてない上司たち

・減点評価の人事制度で、誰も責任を取らない

・それで大丈夫かとチェックされるので、完璧を目指し時間ばかり浪費している

このようなドンヨリとした空気は、一人ひとりの士気をなくし活気を削ぎメンタルにも影響を与え、日本型経営は限界に来ています。


OODAループ マネジメント

OODAループを適用した経営がOODAループ マネジメントです。想定外でも迷わない自律分散組織「すぐ決まる組織」です。

シリコンバレー企業など急成長している企業の経営モデルが、OODAループ マネジメントであることから注目を浴び有名になっています。ビジョンに向けて成果を出すことを目指しチャレンジしていく経営です。以下のような今話題の次世代型組織がOODAループ マネジメントです。

  • 自律分散組織
  • ワクワクする組織
  • ティール組織
  • ホラクラシー
  • ネットワーク組織
  • 全員経営
  • 幸福経営
  • 年輪経営
  • 夢中になる組織
  • セムラーイズム、マーベリック

OODAループの使い方

OODAループの具体的な使い方について、以下のような例でみてみましょう。


人工知能 AI時代に勝ち残る力

人工知能 AI の時代には想定内の業務はコンピュータで置き換えられます。人工知能に人間が勝ち残る力がOODAループです。


OODAループ事業創成(イノベーション)方法論
:次世代リーンスタートアップ「RPAD」

OODAループは、事業創成(イノベーション)でも有効です。OODAループ理論に基づいて個々に開発されてきた手法に以下のものがあります。

  • アジャイル開発
  • リーンスタートアップ
  • デザイン思考
  • システム思考

これらを包括したOODAループ事業創成方法論が、次世代リーンスタートアップ「RPAD」です。


OODAループ:VSAシート

OODAループを使っていくために有効な方法が、OODAループ:VSAシートに世界観を書き出すことです。


OODAループの欠点

OODAループにも、組織で適用する場合には欠点があります。トップマネジメントのリーダーシップが必須であることです。しかし、私たちは、トップがリードしなくても、多くの人がOODAループを賛同するようになれば、組織は変わっていくと信じています。


組織向けOODAループ入門書
:すぐ決まる組織のつくり方 – OODAマネジメント入門書

OODAループの組織での使い方を解説した入門書が「「すぐ決まる組織」のつくり方 -OODAマネジメント」です。

OODAループの長年のビジネス適用実績にもとづく世界初のOODAループ マネジメント入門書になります。

すぐ決まる組織–OODAマネジメントの紹介は、こちらをご覧ください。

本書を読んでいただいた方々には、ご感想やご意見、ご質問を伺っています。こちらにお願いします。


「OODAループ」:よくある誤解

OODAループについて多くの誤解があります。
「OODAループ」:よくある誤解は、こちらを参照ください。


ネットでOODAループを学ぶ

関連動画
入江仁之 先生 の4回に渡ってOODAループ思考の概要を紹介した授業の第1回目「O / O / D / A / ループ を1つずつ理解する」の全3回コーナーをこちらに公開します:
OODAループ理論完成の背景は、「OODAループの開発の背景
OODAループの軍事での成果は、「OODAループの成果
OODAループの初歩の使い方は、「OODAループの使い方

関連サイト
OODAループの解説は、「OODAループ:戦略一般理論」をご覧ください。
PDCAサイクルの紹介は、「PDCAサイクルとは?:1分でわかる解説」をご覧ください。
PDCAサイクルに代わるのかは、「OODAループとPDCAの違い」をご覧ください。
PDCAサイクルの限界の解説は、「PDCAで生き残れる?:問題点と致命的欠点」をご覧ください。


実際にOODAループ導入をお考えの方々へ

OODAループを適用している多くの組織では、最初に社内向けの講演会を開催されています。そこで組織内のメンバー全員がOODAループの魅力を納得して次の社内研修のステップに進まれています。

講演・セミナーについて詳細は >こちら

研修・ワークショップの詳細は >こちら

お問い合わせは >こちら

著者:アイ&カンパニー
参考:OODAループについてのこの他の小論文リストは、こちらです。
出典:本論文は2005年以来のOODAループ実装実績に拠る提言です。
OODAループの参考文献はこちらです。PDCAの参考文献はこちらです。
脚注:本論文はビジネスにおけるPDCAとOODAループの適用について議論しています。
私たちは、OODAループを広義のOODAループ理論つまりジョンボイド理論として定義しています。
PDCAの品質統制への適用について議論するものではございません。
本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
©2015,2016,2017,2018,2019,2020 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.