VUCAフレームワーク

VUCAとは

VUCA(ブカ)とは、いま、まさに私たちがいる混沌とした世界をあらわす流行語です。いまを「VUCAの時代」「VUCAワールド」とよばれています。

 Volatile        =  不安定
 Uncertain    =  不確実
 Complex      =  複雑  
 Ambiguous  =  曖昧模糊
の世界をいいます。

VUCAは1991年にアメリカ陸軍戦略大学校 US Army War College によって造られた軍事用語でした。冷戦の終結によりそれまでの戦略核を中心とした大量破壊兵器による戦闘を想定していた時代が終わり、混沌とした情勢を捉えるために使われています。

2010年代に入り、経営やビジネスでも使われるようになっています。

VUCAに対処できることが必要になってきています。これまでの指示待ちで計画されたことをしていればいい世界が終わろうとしています。

VUCAの世界とはどういうものか、そこでどのようにしたらいいかを示すのがVUCAフレームワークとOODAです。


VUCAフレームワーク

VUCAの世界がどのようなものかを整理するのがVUCAフレームワークです。混沌としていく段階として、レベル Iから、不安定 Volatile、不確実 Uncertain、複雑 Complex、曖昧Ambiguousとなっています。

その各々のレベルで、どのように対処したらいいか、どのように適応したらいいか、どのようにリーダーシップを発揮したらいいかを示すと、これまで知らなかった世界が見えてきます。


レベル 0:安定 Stable

状況安定して変化がない世界です。理屈上あると固定観念で想定されていた世界です。

例:実世界では理論上存在しません。


レベル 1:不安定 Volatile

状況不安定、期間不明、対応の知識がある世界です。

例:部材の価格変動、製品の需要変動、来店客の変動


レベル 2:不確実 Uncertain

状況の因果関係明確で、対応効果の変動がありうる世界です。

例:競合の新商品投入、製品の故障、生産の不具合


レベル 3:複雑 Complex

多くの要因が相互依存関係にあり、一定の情報があり予測可能な世界です。

例:規制、今期売り上げ減少、経営陣の刷新、M&A


レベル 4:曖昧模糊 Ambiguous

因果関係が全く不明で、先例なく方策が分からない世界です。

例:市場創造/発展市場への進出、事故、自然災害


レベル 5:無秩序 Disorder

混沌として混乱した無秩序の世界です。

例:戦争


詳細をみなさまのご意見に従い紹介していきたいと思います。

以下にコメントをいただけますと幸いです。


image


著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
出典:本論文の参考文献こちらを参照ください。
© 2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.