「PDCAサイクル」とは?

PDCA Cycle

PDCAサイクルとは、製品と業務を継続的に改善するために、
 Plan        :  計画
 Do            :    実行
 Check     :  評価
 Act          :  改善
行動
の段階を繰り返し回す方法です。

日本で60年以上にわたり品質統制(Quality Control)そして品質管理(Quality Management)のために使われてきました。

製品の継続的改善では、開発した製品を市場に出してお客様からの意見を吸収して製品の改善に使われる方法です。

業務の継続的改善では、工場やコンビニ、レストランで働くなどアウトプットが定型化している仕事に就く人の仕事の改善をするために使われる方法です。


PDCAの起源:経験主義

PDCAの起源の一つは、設定した仮説や理論を実験で確かめる科学の方法にあると考えられています。経験主義の科学的方法論です。統計的品質管理の技法として、デミングが日本にシュワートサイクルそしてデミングサイクルを紹介しました。

デミングサイクル

そもそも、デミングは、シュワートサイクルそしてデミングサイクルを統計的品質統制の手法の一つとして、製品やプロセスの継続的な改善のステップとして提唱しました。


PDCAの起源:科学的管理

PDCAのもう一つの起源は、フレデリックテイラーの科学的管理に影響を受けたPDS(Plan Do See)にあるというものです。

管理Managementすなわち計画統制Planning & Controlの考え方に基づいています。

しかし計画統制であるPDCAを、環境との相互作用や人間的事象に当てはめることに限界が出てきています。 PDCAを一般的な思考や発想方法として演繹適用することに無理があると思われます。


日本独自の手法:PDCAサイクル

PDCAは、デミングの講演会開催の後に、日科議連で作られました。特に生産技術の領域で使われて来た継続的改善の手法です。日本で普及しているPDCAは、Plan(動詞) Do(動詞) Check(動詞) Action(名詞)のように動詞と名詞が混在して使われ和製英語になっています。

PDCAの独自の発展

日本では世界的にも独自に、PDCAが適用された品質管理が経営品質として拡大して適用されてきました。

元来の想定していなかった仕事の仕方、目標管理、研究開発、変化への適応、イノベーションなどの領域に適用拡大され、その弊害そして問題が露見してきています。また、品質管理においても手続きが形骸化してきています。中には不正まで起きてきています。


PDCAの歴史の考察

デミングの指摘

日本ではPDCAはデミングが推奨したと解釈されていますが、実はデミングはPDCAを提言していませんでした。歴史をたどると、デミングがPDCAの間違いを指摘していたことが明らかになりました。

PDCAのCは、「停止する、食い止める、せき止める、ふさぎ止める」意味の英語「Check」を使っています。デミングは少なくとも「Check」を「調査する、学習する」の「Study」にすべきだと主張していました。

海外の議論

PDCAの歴史的背景と日本での進展についての海外の議論は必ずしも日本では紹介されていません。

海外の文献に基づいた「PDCAの歴史」の考察の詳細については、こちらを参照してください。


PDCAとOODAの違い

PDCAとOODAとを比較するとその特徴と優劣が明らかになります。

PDCAとOODAとは、制度、価値観、風土、役割分担からリーダーシップまであらゆる側面で異なります。

PDCAとOODAの違い」の詳細については、こちらを参照ください。

PDCAとOODAの違いは、「軍事」そして「石橋の渡り方」や「受験勉強」に例えてみるとわかりやすくなります。

「PDCAとOODAの違い:軍事の事例」については、こちらを参照ください。
「PDCAとOODAの違い:石橋の渡り方」については、こちらを参照ください。
「PDCAとOODAの違い:受験勉強での使い方」については、こちらを参照ください。


トヨタのPDCA?

一般にPDCAサイクルはトヨタだと喧伝されています。しかし、その実態は違います。

PDCAサイクルの問題点を回避するために、トヨタ開発方式TDSやOODAループの考え方を取り込み改善したものにLAMDAサイクルというものもあります。「LAMDAサイクル」の詳細については、こちらを参照ください。


PDCAサイクル:問題点と致命的欠点

元来PDCAは、統計的品質統制 Quality Control, QC で成果を出してきました。しかし、近年その適用をそのほかの領域に拡大させることに伴い問題が生じてきています。

PDCAがガラパゴス化しています。PDCAが日本を壊します。

 

 


PDCA、OODAに興味を持たれた方へ

日本の組織を蝕む病とその原因を明らかにし、日本を再生させて行かなくてはなりません。OODAループが再生の道筋を示してくれます。少しでもお役に立てるよう論文を公開します。

OODAやPDCAについて興味を持たれた方は、以下に詳しく紹介していますのでご覧ください:

OODAループに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の3つです:
OODAループ:戦略の一般理論[詳細]
OODA思考:「世界最速の思考法」
OODAマネジメント:「すぐ決まる組織」の作り方

PDCAサイクルに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の2つです:
PDCAサイクル:問題点と致命的欠点
PDCAOODAの違い

 

次のページ
 OODA書籍の紹介 

アマゾンのサイトはこちらです。

 


著者:アイ&カンパニー 入江仁之
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献こちらです。
脚注:本論文はPDCAの品質統制への適用について議論するものではございません。
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら