受注仕様組立:CTO

サプライチェーンマネジメントは顧客注文をどのタイミングで受け付けるかCODP (customer order decoupling point、注文対応形態)により、幾つかビジネスモデルの選択肢があります。その中の一つが、CTO 受注仕様組立です。

デザインサプライチェーン再定義方法論:CODP™ 」の詳細については、こちらを参照してください。


CTO 受注仕様組立

CTO (configure to order)は、多様な顧客の注文を、製品のコンフィグレーション(構成管理)により要求仕様を実現し、調達生産納入を行うサプライチェーンの仕組みです。受注仕様組立とも呼びます。

注文の前に、設計仕様を確定し、その範囲内で注文を受けて調達生産納入MTOとは異なり、顧客の仕様に対応する柔軟性があります。

顧客注文仕様が決まってから設計をし、調達生産納入するETOとは異なり、想定する多様な注文仕様を事前に設定したコンフィグレーションの構成で対応することにより、設計、調達の無駄を排除し、スピードアップを図ります。


お問い合わせ

「研修セミナー」「講演」「経営コンサルティング」「助言」などのお問い合せは、こちらへお願いいたします。

著者:アイ&カンパニー
脚注:*「 CODP」は、私どもアイ&カンパニーの商標です。
© 2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.