次世代組織機構改革方法論:BU/CC

I

多くの日本企業は、欧米企業とベンチマーキングすると、数ポイント大きい所では数十ポイント、対売上高販売管理費率が高くなっています。

私どもがこれまで多くの企業で販売管理費の費用構造改革をしてきた実績によると、販売管理費率が高いのは、主に以下の本社機構の肥大化が原因になっています。また、ITによる合理化が不十分であることも原因の一つです。

この高コスト構造、仕組みを見直さない限り、現場に経費削減のプレッシャーをかけても改善しません。

アイ&カンパニーは、次世代組織機構改革方法論「BU/CC」に基づき、あるべき本社機構組織モデルを提示して抜本的な改革を実現させております。


連結ベース組織モデル

・多くの日本企業で、全社連結ベースで全体最適な機能分担が、本社機構(Corporate Center)と事業部門(Business Units)との間でできていません。
・これに対しては、連結ベース組織モデルを導入することで、改革できています。


グローバル組織モデル

・多くの企業で。グローバルでの本社と子会社の関係が複雑化して俊敏で効率な運営ができていません。
・これに対しては、グローバル組織モデルを導入することで、改革できています。


顧客中心組織:

・多くの日本企業で、本社関連業務(事業部門からの報告制度等)が顧客価値の観点から乖離し形骸化しています。
・これに対しては、業務改革方法論PMQIRによるゼロベースからの無駄取りを行うことで、改革できています。

研究開発部門、製品開発部門、間接部門:

・多くの日本企業で、本社に属する各部門が採るべき事業戦略から乖離して有効ではなくなってきている。
・これに対しては、研究開発をRPADへ転換、開発部門へNPDの導入、GBS(global business service)/BPO(business process outsourcing)の導入を行うことで、改革できています。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

「PMQIR」「RPAD」「BU/CC」は、私どもアイ&カンパニーの商標です。