バーチャルシェアードサービス:VSS

I

これまでのスタッフ部門の組織的位置付けと問題点

経理や人事、企画、総務、法務、税務などのスタッフ機能部門は、従来、グループ会社の各事業と各地域そして各法人毎に置かれて、その地域や法人の責任者の下、責任者の指示に従い業務を遂行していました。

しかし、このような組織では、グループ全体から見ると標準化すべき業務も各々独自に処理され非効率で、かつ全社の取り組みを行うのには足かせになっていました。


シェアードサービスあるいはアウトソーシングの導入

企業グループが拡大し、グローバルに展開するようになると、このような事業別地域別法人別のスタッフ部門を集約することが、販売管理費率の削減などによる収益率向上に必須となっています。これが、各社が取り組んできたシェアードサービスやアウトソーシングです。


シェアードサービスあるいはアウトソーシングの限界

しかし、シェアードサービスを導入すると各地域の個別のニーズに対するサービス水準が低下します。アウトソーシングの場合、サービスを海外から受けるようにすると、益々、サービス水準が低下していると言われています。


解決策:バーチャルシェアードサービス

I

このような問題を解決するのが、バーチャルシェアードサービス (Virtual Shared Services)です。

バーチャルシェアードサービスは、経理や人事、企画、総務、法務、税務などのスタッフ機能部門を、本社直轄部門として設けます。これにより、業務の統一、標準化、集約をし、グループ全社で、スケールメリットを得られるようになります。法務や税務部門は専門性が求められることから、特にCOE(Center of Expertise)と呼ばれることがあります。

各事業と各地域そして各法人毎に現場の個別のニーズに対して、バーチャルシェアードサービスは、各事業と各地域そして各法人にスタッフを配置して、個別のニーズに対応します。

バーチャルシェアードサービスのスタッフは、配属された地域の個別のニーズに対するサービスに加えて、他の地域のニーズ対応も行うことで、業務処理のスケールメリットをとっていきます。


ネットワーク組織

バーチャルシェアードサービスは、スタッフ部門のネットワーク組織といえます。


バーチャルシェアードサービスの導入事例

バーチャルシェアードサービスは、欧米企業が先行して導入をしてきました。私どもの日本企業のクライアントでも、この数年で、導入を提案し、普及してきております。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image