ネットワーク外部性

ネットワーク外部性 (Network  Externality)とは、ネットワークは、ネットワークの利用(者)数が増えることが、ネットワークの利用価値に影響を与えることです。ネットワーク効果としても議論されています。

外部性(Externality)とは、ある当事者の意思決定や行動が、取引相手ではない第三者に対して影響を与えるという外部効果のことです。経済学の用語、外部経済(External  Economy)から来ています。

ネットワーク外部性が働くネットワークでは、クリティカルマスを超えるユーザーを獲得するか(キャズム越えをできるか)が、マーケットを創造するために重要となります。そのために、初期のユーザーであるイノベーター、アーリーアダプターを獲得して、市場のマジョリティに受け入れられるかがポイントになります。


ネットワーク外部性の適用方法論

これらの法則に則り事業創成プロセスの管理を推奨しているのが、次世代事業創成方法論:RPADになります。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image