ダブルループ学習

ダブルループ学習(Double Loop Learning)は、クリス・アージリスが、著書 “Organisational Learning“において提唱した学習理論です。

サーモスタットの温度設定の例で説明されています。


シングルループ学習

シングルループ学習(Single-Loop Learning)では、与えられた設定温度を保つためにエアコンの入り切りをします。

与えられた枠組みの中で問題解決をし、その過程で学習します。


ダブルループ学習

ダブルループ学習は、サーモスタットの温度設定が、何の目的か、手段にはエアコン以外にもあるかという点から考える。その問題解決の過程で学習していきます。

事業アイデアの生成から、既存の概念を打破した検討が必要です。ダブルループ学習により、前提から見直す思考が重要となってきます。


既定の想定や仕組み、前提を見直す

ダブルループ学習は、既定の想定や仕組み、前提を見直すことから、事態の打破に有効です。事業創成方法論:RPADにおいて適用しております。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image