統合コンフィグレーション管理 (構成管理 UCM)

I

統合コンフィグレーション管理、構成管理 UCM(unified configuration management)は、製品の構成を管理する手法である。

ハードウェア、ソフトウェアの開発そして生産販売後のサービスのために、先行開発において予め、製品ライフサイクル全般を通して発生する全ての関連原価を最適化する構成を設計する。

自動車OEM各社が取り組んでいる、共通アーキテクチャ(トヨタのTNGA、マツダのコモンアーキテクチャなど)も、このコンフィグレーション管理の考え方を適用した取り組みである。

この統合コンフィグレーション管理により、多様な顧客注文に想定している構成の組み合わせにより対応するのが、CTO(configure to order)である。

アイ&カンパニー・ジャパン
経営コンサルティングのお問い合わせ
eメール: marketing@iandco.jp