コモディティ化に対する戦略

I

コモディティ化に対して手をこまぬいていては、退場する事態になりかねません。

コモディティ化に対して取り得る経営戦略(事業ライフサイクル戦略)には、以下の選択肢があります。これらにより事業成長を目指します。


投資ポートフォリオ管理

事業創成:RPAD
・起業への出資、投資ポートフォリオ管理による投資収益獲得


ビジネスアーキテクチャ差別化

・サービス事業への転換
・ソルーション事業への転換
システムロックイン事業への転換


テクノロジーアーキテクチャ差別化

・市場適応拡大
・性能向上
・製品ラインの拡張:ボリュームゾーン/プレミアゾーン展開
・機能強化


業務プロセス差別化

・ブランディングによるマーケティングや顧客体験価値の再定義
・配送リードタイム削減のためのサプライチェーン ネットワークの再定義
・顧客の求める特別仕様を実現する製品設計など、サプライチェーン基幹業務の再定義:CODP
・市場投入リードタイム削減のための商品企画・製品開発基幹業務の再定義
・知識労働者の業務改革による抜本的な生産性向上:PMQIR方法論*


アイ&カンパニー・ジャパン
経営コンサルティングのお問い合わせeメール
marketing@iandco.jp

image

*「PMQIR」は私どもアイ&カンパニーの商標です。