クローズドループモデル

クローズドループモデルは、経営において基本となる重要な概念です。

マーケットからフィードバックを得て経営を見直します。


PDCAサイクル

旧来のPDCAサイクルに基づいた経営管理においては、計画と統制からなる管理と実行が分けられます。計画(plan)に従って行われた実行(do)の結果を、確認(check)し、行動(action)することでクローズドループを実現していました。ここでは実行するのが先で、その結果のフィードバックを得ることに焦点を当てています。

PDCAサイクル」の詳細については、こちらを参照してください。


OODAループ

一方、OODAに基づく次世代の経営においては、実行の前から常にセンスメイキングしています。つまり、マーケットの声などの環境からのフィードバックに感知能力を総動員(observation)し、情勢判断(orientation)します。
例えば、自動車OEMの例では、品質問題の7割以上の原因が、既にこれまでに起きていたものであリました。新たな製品技術の投入に対するフィードバックに加え、従前からの製品に関わるフィードバックを含めた、網羅的なフィードバックが重要となっています。

OODAループ」の詳細については、こちらを参照してください。


ネットワーク時代のクローズドループ

製品開発の世界では、モデルベース開発(MBD)などCAE(computer aided engineering)の適用が進んでいます。これらは、モデルによりシミュレーションで結果のフィードバックを得ようと取り組んでいます。これに加え、実際のマーケットで顧客からのフィードバックを得ることが重要です。これまで、VOC(voice of customer)という概念で、取り組みがなされてきたが、ネットワーク時代のIoT(Internet of things)などの新たな技術により、網羅的なフィードバックを得ることが可能となってきており、これにより本来あるべきクローズドループが実現されます。


シチズン・データサイエンティスト

これまでは、統計学の専門家が行う専門職種であったデータサイエンティストが閉じた世界で分析を行っていました。これからは、事業を行っている関係者全員(シチズン・データサイエンティスト)が、自ら気付いて分かって実行する組織に変わっていく必要があります。


アイ&カンパニーでは、クローズドループを実現するため、感知能力を総動員(observation)し、情勢判断(orientation)を行うセンスメイキング能力を持つ組織への変換を支援しています。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image