エコシステム

I

エコシステム (ecosystem)とは、従来生態系を指す科学用語でありましたが、最近は、経済界においての生態系を指すようになっています。これを特にビジネス エコシステムという場合もあります。


アーキテクチャ戦略

I

エコシステムは、ネットワークを基盤にした企業連関のビジネスモデルやアーキテクチャの視点で構築することが重要です。

インターネットなどの技術の適用普及により全く新しいビジネスモデルの台頭が起こり、ネットワークを基盤にした企業連関のビジネスモデルが特定の産業セグメントにおいて従来の競争戦略を凌駕してきたことから、注目されるようになってきました。


一人勝ちの戦略

I

日本の経済界では、エコシステムを経済的な依存関係や協業・協調関係と捉える向きがあります。しかし、米国では、一人勝ちの戦略を実現するための新しい競争戦略(ゲーム)と捉えています。つまり、旧来の製品サービスの提供をなされて来た領域、あるいは全く新しいマーケットに、全く新しいビジネスの仕組みで参入し、マーケットを占有するために単体の企業ではなく異なった事業領域の企業が補完して企業連携を構築して、競争のルールを変え独占していく戦略です。


キーストーン戦略

I

エコシステムにおけるリーダーシップをとることをキーストーン戦略といいます。

日本では、協業することがエコシステムの議論の中心になっていますが、世界的には、いかにエコシステムにおけるリーダーシップをとるか、キーストーン戦略の如何が論点になっています。


システムロックイン戦略

I

従来のマイクロソフトやインテル、コカコーラなどが取っている戦略がエコシステムの構築運営を前提としたシステムロックイン戦略になります。エコシステムを想定したシステムロックイン戦略は、従来の戦略策定とは別のフレームワークが必要になることから、多くの事例で、シリコンバレー企業が成功を収めてきています。

このエコシステムを前提としてマーケティング戦略を実行するのがエコパートナーシップ(EP)モデルです。エコシステムを前提とした一人勝ちの戦略がシステムロックインです。


エコシステムを前提とした事業創成方法論

I

アイ&カンパニーは、これまでのシステムロックイン戦略の構築に関わってきた知見に基づき、これから新たに、従来の競争のルール(ゲームプラン)が変わりうる業界において、戦略の再定義から改革の実行までを支援しています。

エコシステムを前提とした事業創成プロセスの管理を推奨しているのが、「事業創成方法論:RPAD」になります。


アイ&カンパニー・ジャパン
経営コンサルティングのお問い合わせeメール
marketing@iandco.jp

image