競争戦略

I

競争戦略とは、マイケル ポーターが提唱した企業の競争優位の戦略である。競争優位を築く3つの基本戦略、「コスト・リーダーシップ戦略」「差別化戦略」「集中戦略」がある。従来の基本的な経営戦略であった。


競争戦略では生き残れない

しかし、競争戦略自身に限界が来ている。競争戦略を前提に経営をしていると、以下に紹介する新たな戦略をとる他社との競争に負けるリスクがある。競争優位の戦略さえ取っていればいいと組織内で認識されると何ら戦略について疑問を持たなくなる。安定を志向し組織は硬直する。すると新たな取り組みをすることを妨げることとなる。イノベーションのジレンマである。

激変するエコシステムを前提とした競争環境では戦略の選択肢として、競争戦略が機能しなくなっている。突然、新たな参入企業が競争環境を一変させることが様々なマーケットで起きている。この変化に能動的に関わる戦略を策定し、事業を見直し、顧客を再定義し、プロダクトの位置付けを転換する必要がある。そして、即時に事業遂行の仕組みを組み替えていく必要がある。

競争戦略は、ベストプロダクト戦略とも言われる。これに加えてプロダクトあるいはサービス戦略の選択肢には、事業のダイナミクスを踏まえた戦略である事業ライフサイクル戦略、プロセスを受託するカスタマーソルーション戦略エコシステムによるシステムロックイン戦略の四つの戦略オプションがある。テトラモデルと言われる。


勝ち残る戦略

経営戦略を検討する際には、上記のプロダクトあるいはサービスを見直すのに加え、顧客の見直し、価格の見直しをすることが重要である。詳細は、勝ち残る戦略を参照ください。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」のお問い合わせeメール
marketing@iandco.jp

image