破壊的イノベーションに対する戦略

I

破壊的イノベーション

突然、競合企業が現れることが、世界で起きています。旧来の戦略では勝ち残れない新たなイノベーション、破壊的イノベーションです。旧来の戦略では勝ち残れない新たなイノベーションです。

突然、新規デジタル企業が、競合として現れ、旧来の市場を破壊する例が増えています。例えば、Uberは、従来のタクシー業界を塗り替えています。アップルは世界の携帯電話市場を席巻しました。

破壊的イノベーション (disruptive innovation)とは、従来の価値基準のもとではむしろ性能を低下させますが、新しい価値基準の下では従来製品よりも優れた特長を持つ新技術、破壊的技術(disruptive technology)がもたらす変化を言います。クリステンセンは、著書「イノベーションのジレンマ」においてイノベーションには「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」(disruptive innovation)の2つがあるとし、既存の市場のリーダー企業は前者に最適化された組織やプロセスを持つために、後者に気づかず、かつ気づいても適応力に欠け、失敗する場合があるとしています。


事業創成方法論RPAD

I

アイ&カンパニーでは、破壊的イノベーションに対して勝ち残る戦略を策定、事業創成に有効な方法論として、事業創成方法論RPADに基づいた事業創成の支援をしております。


コシステムで事業をする

新規参入者に対して応戦するだけではなく、自ら破壊的イノベーションを主導することも重要です。

エンドトゥエンド(E2E)アーキテクチャ:
エコシステムをエンドトゥエンド(E2E)アーキテクチャの観点で、定義し直します。この中に旧来のマーケットもサブセットとして位置付けられます。


システムロックインの戦略を策定する

そこでは、システムロックイン戦略に基づく新規参入による従来のマーケットの変革も定義できます。


OODAモデルで組織を改革する

このE2Eアーキテクチャの組織やプロセスの設計においては、ネットワーク中心戦や、パワートゥザエッジなどに展開されているOODAモデルを適用することになります。


アイ&カンパニー・ジャパン
経営コンサルティングのお問い合わせeメール
marketing@iandco.jp

image