企業改革

戦略だけでは生き残れません。アイ&カンパニーが提供しているサービスは、「勝ち残る戦略」の策定とその実行である「企業改革」(enterprise transformation)です。

経営戦略遂行のための典型的な企業改革プロジェクトやテーマは以下になります。


業務/組織/IT改革

OODAモデルに基づき、顧客中心の自律分散組織に全面転換していきます。従来の業務のみに焦点を当てた業務改革BPRとは異なります。
対象業務/組織は以下を含む:

・次世代 事業創生方法論:RPAD

・次世代 製品開発改革方法論:HPD

・マーケティング営業顧客管理:EP

・設計生産販売調達物流施工:CODP


組織機構改革

OODAモデルに基づき、顧客中心の組織機構に全面転換していく。従来のグローバル事業部制や地域子会社制とは異なります。

対象は、本社、事業部門、海外を含む子会社関係会社の全社組織になります:

・本社機構改革:本社機構組織モデル

・グループ経営改革:連結ベース組織モデル

・グループ報告系統/報告書改革:レポート改革方法論

・グローバル経営改革:グローバル組織モデル

自律分散組織


組織制度改革

OODAモデルに基づき、官僚的大企業病に病んだ組織を、顧客中心の価値判断を現場で自律的に遂行する組織に全面転換していきます。従来の部分的な活動(例えば、シックスシグマやワークアウト会議)、報告制度/バランストスコアカード(BSC)などとは異なります。対象は、ビジョン、文化、機会、場/ コミュニティ、制度/ツールの全てです。

組織制度改革のツール方法論の代表例は以下になります:

・なぜなぜ (5 Whys):センスメイキング

・次世代 目標・評価・育成・褒賞制度:GPDR

・次世代 目標管理方法論:VSA

・次世代 生産性向上方法論PMQIR

・チェンジマネジメント:CM


生産性向上/コスト削減

売上向上と販管費(販売費及び一般管理費)削減を実現させます。

売上向上については、以下があります:

勝ち残る戦略

マーケティング営業顧客管理

販管費(販売費及び一般管理費)削減については、以下があります:

販管費削減

次世代 生産性向上方法論PMQIR

これらの活動を通して、企業改革を推進し、イノベーションを起こしていきます。


改革/コンサルティングのテーマ例

主なコンサルティングのテーマは、以下になります。


業務改革

・次世代 生産性向上方法論:PMQIR

・次世代 製品開発改革方法論:HPD

・統合コンフィグレーション/構成管理:UCM

・次世代 事業創生方法論:RPAD

ベンチマーキング

・グループ報告系統/報告書改革方法論:レポート改革


組織改革

組織改革

自律分散組織への改革

顧客中心組織への改革

連結ベース組織モデル:グループ経営改革

組織文化の改革

・次世代 目標管理方法論:VSA

本社機構肥大化の回避

本社機構組織改革


情報技術改革

・デジタル戦略構築

・ITコスト削減

・アナリティクス,IoT,ビッグデータ,デジタル化,SaaS等)計画策定 導入

・ITベンダーマネジメントオフィス(VMO)

・IT管理 IT基盤(クラウド等)方策計画策定 転換


経営改革

・次世代 目標管理方法論:VSA

・次世代目標・評価・育成・褒賞制度:GPDR

PDCAの見直し:OODA

営業利益率向上

販売管理費の削減


トランスフォーメーション

プログラム マネジメント

チェンジマネジメント


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

「VSA」「GPDR」「PMQIR」「RPAD」「BU/CC」は、私どもアイ&カンパニーの商標です。
©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.