第6世代OODA

第5世代OODA/戦闘機のリプレースのために第6世代OODA/第6世代戦闘機が検討されています。 第6世代OODAは、誰がロックオンしても誰からでも撃てる、撃てば必ず当たるシステムとなります。クラウド・シューティングといわれるものです。感知と攻撃を別の機体が対応する組織対応が特徴です。 第6世代経営戦略 第6世代OOD...

イノベーション:日本企業の課題

モノづくりで世界をリードしてきた日本企業も、イノベーション、事業創成となると話は違ってきます。創業以来、事業転換を経験していない企業が多くを占めます。 毎年フォーブスがランキングを出している世界で最もイノベーティブな企業(Forbes The World’s Most Innovative Companie...

コモディティ化で生き残れない

多くの製造業が直面しているのが製品のコモディティ化です。技術革新の余地が飽和してくると製品の機能が他社と差別化できなくなってきます。競合企業が多いと、おのずと価格競争が激しくなってしまいます。 コモディティ化に対して、これまでのやり方で理不尽に努力して生き残れるでしょうか。これまでの経営戦略を変えることなく、事態が悪化...

競争戦略では生き残れない

従来の競争戦略では生き残れない事態が起きています。これまで同様に自社技術で製品の差別化に邁進していても、顧客が製品を必要としなくなるリスクがあります。差別化が難しくなってもいます。 私どもの提言「勝ち残る戦略」を参照ください。 アイ&カンパニー・ジャパン 経営コンサルティングのお問い合わせeメール marketing@...

突然、競合企業が現れ、顧客を獲られる

ネットでつながった今日の世界では、ある日突然、新たな競合企業が現れ顧客を奪いかねません。例えば液晶テレビや携帯電話など、電機業界では日本企業が退場せざるを得なくなった事業領域があります。これらは他の事業領域にも広がってきています。 私どもの提言「破壊的イノベーションに対する戦略」を参照ください。 アイ&カンパニー・ジャ...

営業利益率の向上

多くの日本企業は、欧米企業と比較すると、利益率が低く、本社などの間接部門の費用が高くなっています。例えば、対売上高販売管理費率で比較すると、欧米企業よりも数ポイント、大きい所では数十ポイントも高くなっています。 これは、本社機構の肥大化の弊害です。仕事に関係なく人が増えていくという「パーキンソンの法則」でも指摘されてい...