OKRとOODAループ


OKRとは

OKR(Objectives and Key Results)は、目的(Objectives)と主要成果(Key Results)を紐付けるマネジメントツールです。

GoogleやIntelが採用しているとした書籍が日本でも出てOKRの言葉が広まりました。

シリコンバレー企業を代表とするアメリカの先進企業は成果を重視した経営をしています。そのツールの一つがOKRになります。

OKRでは、最初に目的を決め、目的の達成状況を数個の成果で示し、成果の達成状況をみていきます。


OODAループ

シリコンバレーを中心に普及している経営の考え方が、OODAループです。確実に目的を達成する思考法です。米軍で軍事用に開発されたOODAループは、スポーツでも導入が進み、OODAループを適用しないと勝てなくなっています。

米軍出身のイノベーター(Military Innovator)が中心となり、OODAループをシリコンバレー企業などで適用を始め広く普及しています。OODAループは日本企業にも導入し成果を出しています。

OODAループによる組織経営で重要なのがVSAです。次世代目標管理という位置づけです。VSA(世界観)はOODAループの「わかる」で形作られ、「きめる」の判断基準として使われます。

OODAループのVSA経営

VSAの詳細については、こちらのサイトあるいは書籍『すぐ決まる組織:OODAマネジメント』をご覧ください。


OODAループとOKR、VSAの関係

OKRとOODAループの関係について質問されることが増えました。結論をいうと、OODAループがクルマだとすると、OKRはダッシュボードといった位置づけです。OODAループは経営の基本的な考え方です。

シリコンバレー企業でも多くの組織でOODAループが使われています。OODAループのVSAフレームワークが一部の企業ではOKRとして使われています。

VSAとOKRの位置づけ

シリコンバレー企業をはじめ先進企業では、伝統的な目標管理を置き換えるフレームワークとしてVSAが導入されています。VSAは普遍的なフレームワークです。その事例としてOKRがあるという位置づけになります。導入している組織では必ずしも名称にこだわっていないのでこれらの名前を使わずに展開されている組織も多くあります。

VSAの詳細については、こちらのサイトあるいは書籍『すぐ決まる組織:OODAマネジメント』をご覧ください。


日本は先進国で生産性と賃金が最下位です。
私達は日本再興のためOODAループを提唱しています。
既に先進企業はOODAループを取り入れ劇的な成果を出しています。


OODAループの書籍

2005年以来の日米企業での実証と、5年以上の年月をかけての書籍化により作り上げたのが一般向けの『OODAループ思考』と、組織向けの『すぐ決まる組織:OODAマネジメント』です:

                                   

この2冊は世界で最初に日本で書籍化しましたが、その希少な価値が評価され、海外からも出版依頼が来ています。


実際にOODAループ導入をお考えの方々へ

OODAループを適用している多くの組織では、最初に社内向けの講演会を開催されています。そこで組織内のメンバー全員がOODAループの魅力を納得して次の社内研修のステップに進まれています。

講演・セミナーについて詳細は >こちら
研修・ワークショップの詳細は >こちら
お問い合わせ >こちら

著者:アイ&カンパニー
参考:OODAループについてのこの他の小論文リストは、こちらです。
出典:本論文は2005年以来のOODAループ実装実績に拠る提言です。
OODAループの参考文献はこちらです。
脚注:本論文はビジネスにおけるOKRとOODAループの適用について議論しています。
本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
©2020 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.