「働き方改革」から「ワクワクする組織」そして「生産性向上」の実現

これまで日本政府が推進し日本の多くの企業で行ってきた「働き方改革」は、残業削減のために残業規制したりリモートワークなど仕事の仕方を変えたりすることに主眼が置かれていました。 「働き方改革」との違い:主体性、持続的成長 残業規制のために働き方改革を行なってきた多くの企業がこれまで大半でした。 それらの企業は「働き方改革」...

トヨタで実証されたOODA

OODAは孫子の兵法、宮本武蔵「五輪書」、トヨタ生産方式などを源流に米軍で開発され、日米の先進企業で実証された勝ち残りの成功法則です。 PDCAの代表としてトヨタが紹介されていますが、実態はOODAで回っています。トヨタの経営の方々もOODAになっているとおっしゃられています。何よりも、OODAループを提唱した米国空軍...

管理統制や官僚的組織では生き残れない

先進企業では、お客様を全てに優先して現場の従業員が活躍できる、管理のない組織(Management By Absence)までも実現している企業が出てきています。 一方で、歴史を積み重ねていくと、管理職の数が、総従業員数より増大してきています。これでは、社内向けの管理ばかりが増えていってしまいます。 管理統制型組織や官...