生産性を高める技術

生産性とは

生産性とは、投入資本に対する付加価値の比率です。全要素生産性ともいいます。

その中で、投入労働に対する付加価値の比率が、労働生産性(Labor Productivity)といいます。

生産性の計算式は次のようになります:

一人あたり労働生産性 = 付加価値額 / 投入労働者数

時間あたり労働生産性 = 付加価値額 / 投入労働時間数

付加価値額=経常利益+減価償却費+人件費+金融損益+賃借料+租税公課


生産性が低い理由:CIA「スパイ機密マニュアル」

日本の生産性が低い理由がありました。CIA「スパイ機密マニュアル」が、組織を潰す実践方法を定めていました。まさに、そのマニュアルで定めていたことが日本で起きていたのです。

生産性が低い理由:CIA 組織の殺し屋」の詳細については、こちらを参照してください。


事例:劇的な生産性向上を実現

私どもアイ&カンパニーは、すでに、自動車OEM、電機、産業機器、設計建設、ハイテク、製造、サービスなどの大手企業の、現業を除くすべての部門において、「次世代 生産性向上方法論:PMQIR™」を適用し、抜本的な生産性向上を実現しています。


次世代 生産性向上方法論:PMQIR™

「次世代 生産性向上方法論:PMQIR™」は、単なる業務改革ではありません。社員がモチベーションを上げて、組織に対するエンゲージメントを高めることにより生産性向上を実現します。持続的な成長を実現する組織能力向上が主眼にあります。現場中心のOODAに基づく組織改革です。

権限委譲をし業務改革と組織改革、文化改革を行い、持続的成長を実現します。これにより抜本的な生産性向上を実現します。

次世代 生産性向上方法論:PMQIR™」の詳細は、こちらを参照ください。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

*「PMQIR」は私どもアイ&カンパニーの商標です。