ドラッカーMBO目標管理の誤解

多くの日本企業で適用されている目標管理、業績評価制度

日本の多くの企業で目標管理制度が導入されています。

この目標管理の原典はドラッカーのMBOとされています。しかし、これまで多くの企業で採用してきた数値目標による業績評価制度は、ドラッカーが当初提言したMBO(management by objective)とは大きく異なります。

MBOは、目的によるマネジメントです。ドラッカーの提言したMBOは、目的を設定して自己統制するというものでした。


日本企業の実態

しかし、日本ではMBOを目標管理と日本語訳して、数値目標管理に重きを置く傾向が強くなってきました。

これにともない、多くの日本企業で、従業員は表面的な数値目標達成に熱心になるあまり、本来企業が集中すべきことから従業員の関心が離れてしまうなどの形骸化した事態が起きています。

組織改革の事例を含めた説明については書籍を参照いただけると幸いです。


世界初のOODA入門書

世界初のOODA入門書 入江仁之著 「『すぐ決まる組織』のつくり方:OODAマネジメント」が刊行されます。

次のページ
OODA入門書
「すぐ決まる組織」のつくり方 

アマゾンのサイトはこちらです

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら

著者:アイ&カンパニー

脚注:本稿はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注セミナー・講演・研修のご依頼はこちらにお願いします。
出典:本稿の参考文献こちらを参照ください。
© 2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.