コモディティ化で生き残れない

多くの製造業が直面しているのが製品のコモディティ化です。技術革新の余地が飽和してくると製品の機能が他社と差別化できなくなってきます。競合企業が多いと、おのずと価格競争が激しくなってしまいます。

コモディティ化に対して、これまでのやり方で理不尽に努力して生き残れるでしょうか。これまでの経営戦略を変えることなく、事態が悪化して退場した企業は少なくありません。

フォーチュンによると1965年の「フォーチュン500社」のうち現在「フォーチュン500社」のリストに残っているのは十九%に過ぎません。

私どもの提言「コモディティ化に対する戦略」を参照ください。


お問い合わせ

「研修セミナー」「講演」「経営コンサルティング」「助言」などのお問い合せは、こちらへお願いいたします。

著者:アイ&カンパニー
脚注:本稿はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:セミナー・講演・研修のご依頼はこちらにお願いします。
出典:本稿の参考文献こちらを参照ください。
© 2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.