子会社の管理とグローバル組織モデル

複数の関係会社を有する企業の場合、中には、各法人を経営管理上の単位として扱い、その法人の代表は、その組織が担当する業務の責任者とした任務を遂行させている企業があります。法人はあくまで法律上の法人格であって、経営管理を法人格に合わせて行う必要はありません。

連結ベースでシームレスに役割に応じて経営管理責任を設定し、連結ベース組織モデルを導入することが有効です。オペレーションをグローバルで行っている場合には、グロバールオペレーションの観点での検討が必要となります。

私もどの提言「連結ベース組織モデル」を参照ください。

グローバル組織

多くの日本企業は海外の子会社の経営で課題を持っています。日本企業にとって、グローバルでどのように高効率の経営するかが重要な課題になっています。

私どもの提言「グローバル組織モデル」を参照ください。


お問い合わせ

「研修セミナー」「講演」「経営コンサルティング」「助言」などのお問い合せは、こちらへお願いいたします。

著者:アイ&カンパニー
脚注:本稿はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:セミナー・講演・研修のご依頼はこちらにお願いします。
出典:本稿の参考文献こちらを参照ください。
© 2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.