営業利益率を向上させるには、

多くの日本企業は、欧米企業と比較すると、利益率が低く、本社などの間接部門の費用が高くなっています。例えば、対売上高販売管理費率で比較すると、欧米企業よりも数ポイント、大きい所では数十ポイントも高くなっています。

これは、本社機構の肥大化の弊害です。仕事に関係なく人が増えていくという「パーキンソンの法則」でも指摘されているように、経営が何もしないと組織は肥大化し、販管費が膨張していきます。


私どもの提言「営業利益率向上」を参照ください。また、収益の向上については「勝ち残る戦略」、コスト削減については「販管費(販売費及び一般管理費)削減」にて私どもの提言を紹介しています。参照ください。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」のお問い合わせeメール
marketing@iandco.jp

image