世界観VSA:世界に対する認識


社会で成功している超一流の人は、独特の世界観 を持っています。 この世界観があらゆる判断・行動の基準になっています。

世界観:VSAとは、誰もが持っている世界に対する認識です。人間がもつ実世界についての希望想定そして思いです。頭の中で考える思考パターン、思考回路 train of thought そして、気持ちから構成されています。何かを考え行動するときに使われます。

世界観は、仕事においては仕事観、人生については人生観、結婚については結婚観ともいいます。


直観は、堅牢な世界観を持つことで可能となる

意識して堅牢な世界観を持つことによって、直観が研ぎ澄まされます。

世界観により、目的となるが意識され、その実現のための方策と、その実現のための行動イメージを持ち感情を高め、行動方針を決め行動に移されていきます。

このような世界観の構造と特徴を理解して、世界観を鍛えて行くことにより瞬時で効果的で的確な判断そして行動ができるようになります。

瞬時に判断して行動するために、頭の中の思考の構造を定義したのが、世界観:VSAです。

思考するときに頭が真っ白になる経験をしたことがあると思います。その時の頭の状況が世界観がない状況です。頭が混乱してしまい行動できません。

論理的に行動すべきことが分かっても、行動に移せないことがあると思います。その時の頭の状況が、気持ちが伴っていない状況です。なぜするのか、感情が伴わないと行動できません。

気づき意味づけ直観アイデア創造仮説形成や、臨機応変の判断に影響を与えるのも、世界観です。

世界観により思考し判断していくことが有効です。堅牢な世界観を持つことで、頭が真っ白にならないようにし、気持ちを伴わせることができます。

カントは、世界に対する一定の直観を持っているといい、世界の直観を世界観といっています。


わかるとは、世界観を持つこと

判断力のある人間は、夢であるビジョンに紐づけられる行動のイメージと感情の回路が頭の中にあります。これが世界観:VSAです。

対象をみて Observe 、その世界観と照らしあわせることで、モノゴトを認識すると共に希望と合致してわかる Orient ことができます。わかるとは、理解して納得して行動に移せる状態になることです。

世界観に照らして行動パターンと希望に合致すれば瞬時にきめて Decide 、うごく Act ことができます

世界観を更新しわかる Orient のがOODAループのビッグO:Orient です。OODAループの起点あるいは軸足になっています。


世界観:VSAの構造

世界観:VSAは、以下の構造で定義されます:

  • 夢・ビジョン
    Vision
    自己実現と所属する組織の構想を定めて確かめます。ビジョンとは実現していく世界のイメージです。自分の感情を伴った実現したい夢のことです。
    夢があり、夢と結びつけられることにより、動機付けとなります。
  • 戦略
    Strategy
    ビジョン実現の方策を定めます。戦略は何に対してどうしたいかという方策です。将来の達成すべき状況のビジョンから逆算してとるべき戦略を決めます。
  • 行動方針
    Activities Directions
    行動方針とは、状況に応じてどのような行動をとるかを決める行動の方向付けです。心の中の行動パターンから行動方針が決められます。行動方針にしたがい随時妥当なモノゴトを決めて実行します。

そして、このVSAメンタルモデル・感情をとおして行動に影響を与えます。

  • メンタルモデル:心のイメージと状態
    Mental Models and Feelings :
    メンタルモデル mental model とは頭の中に持っている行動のイメージです。ビジョンと戦略実現に紐づけて行動のイメージを作ります。
    メンタルモデルについては、こちらをご覧ください。
  • 感情:心の状態
    感情 feeling とは心の状態です。感情には、情動 emotion と気分 mood があります。情動とは恐怖や怒り、悲しみ、喜びなどの強く短時間の感情です。気分とは憂鬱、気だるい、前向き、明るい、元気などの微弱で持続的な感情です。気分は意識できないこともあります。

世界観:VSAは、直面する実世界の状況に応じて三つの適用形態があります。


OODAループに興味を持たれた方へ
世界初のOODAループ入門書

世界で初めて刊行されたシリコンバレー発のOODAループ適用方法を紹介した入門書が、入江仁之著「「すぐ決まる組織」のつくり方 OODAマネジメント」です。

著者:アイ&カンパニー 入江仁之
出典:本論文は2005年以来のOODAループ実装結果に拠る提言です。参考文献はこちらです。
脚注:本論文はビジネスにおけるOODAループの適用について議論しています。
本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
©2015,2016,2017,2018,2019,2020 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.
お問い合わせ >こちら

研修について詳しくは >こちら

講演について詳しくは >こちら