次世代 思考モデル:VSMA™

思考モデル(Thinking Models)とは、人間が何かを考え行動するときに使う頭の中にある枠組です。夢や目的がありそのための実現のための方策とその実現のための行動イメージを持ち方針を決め行動に移していく枠組です。

このような思考モデルの構造と特徴を理解して、思考モデルを訓練で使うことにより瞬時で効果的で的確な判断ができるようになります。

思考の仕組みを認識し強化するために作られたのが、次世代思考モデル:VSMA™です。

思考するときに頭が真っ白になる経験をしたことがあると思います。その時の頭の情況が思考モデルがない情況です。

アイデア創造、仮説形成や、臨機応変の判断に影響を与えるのも、思考モデルです。

思考モデルにより思考し、行動方針を決めていくことが有効です。頭が真っ白にならないようにするための方法論となっています。

次世代思考モデル:VSMAは、以下の構造で定義されます:

  • 夢・ビジョン (Vision):

自己実現と組織の構想を定めます。ビジョンは自分の感情を伴った実現したい夢のことです。

  • 戦略 (Strategy):

ビジョン実現の方策を定めます。戦略は何に対してどうしたいかという方策です。

  • メンタルモデル (Mental Models):

ビジョンと戦略実現に紐づけられる心のイメージ、思考パターンです。心の中でどう考えているかの考えのことです。夢ビジョンと結びつけることでメンタルモデルが意識できます。

臨機応変に即断即決できるのはメンタルモデルがあるからです。裏返せばどんなに時間をかけて悩んでもメンタルモデルがないと判断できません。頭が真っ白な状態です。メンタルモデルは考えや知識経験を分類整理することで判断に活かせます。

  • 方針 (Activities Direction):

心のイメージから決められた行動の方針です。行動パターンから情況に応じて方針を決めます。方針にしたがい随時妥当なものを当てはめて行動します。

メンタルモデル」の詳細については、こちらを参照してください。

次世代思考モデルは、三つの適用形態があります。


OODA 本の出版

私たちアイ&カンパニーは10年以上にわたりOODAやPDCAを先進企業に実装するお手伝いをしてまいりました。あわせて本稿や講演などをとおして多くの意見をいただいてきました。これらを踏まえ日本社会をよりよくするために、OODA本の構想を練ってまいりました。

次世代思考モデル:VSMA™の詳細については、出版企画中のOODA本において紹介する予定です。

現在、本の内容についてご要望ご意見などをお伺いしております。

アンケート」をこちらにてお願いします。ホワイトペーパーをお礼に贈呈します。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

*「VSA」「次世代思考モデル」「VSMA」「RPAD」「PMQIR」は、私どもアイ&カンパニーの商標です。
©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.