実験と訓練の方法論

瞬時に判断できるようになるためには、直感で決められるように事前に実験や訓練をしている必要があります。これが実験と訓練の方法論です。実験と訓練を通して光速OODAを実行することが可能となります。

みる、わかる、おもう、ためすという過程を経て仮説を立てて実験し検証していきます。

このみる(Observe)、わかる(Orient)、おもう((Hypothesize) きめる(Decide))、そしてためす((Test) うごく(Act))というプロセスがOODAです。

みる(Observe):
情況の観察、情報の収集をします。

わかる(Orient):
観察情報から帰納要約(Induction)して推定します。
推定した内容と思考モデルをすり合わせてを思考モデルを磨きます。

おもう(Hypothesize):きめる(Decide)
推定の確率を向上させ仮説形成(Abduction)し、
実験する仮説(Hypothesis)を設定します。

ためす(Test):うごく(Act)
仮説から演繹適用(Deduction)して実験(Action Test)をします。
実験結果を振り返り考察します。

OODAループ」の詳細については、こちらを参照してください。


バックプロパゲーション:訓練の方法論

わかった内容が実世界で正しいものかをためして検証する方法に、人工知能AI機械学習において基礎となっているバックプロパゲーション Backpropagation(誤差逆伝播、逆伝搬)という方法論があります。

みてわかった内容が入力となり、おもったとおりになっているかをためします。ある入力に対して出力は正しい出力とは限りません。正解の出力との誤差を確かめることにより、次第にわかったおもっていた内容を更新させて最終的に正しい出力が得られるようにします。

人工知能 AIバックプロパゲーションなど」の詳細については、こちらを参照ください。


仮説検証方法論

仮説検証方法論(Hypothesis and Test Method)の詳細については、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image© 2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.