臨機応変の判断力:OODA

結婚相手かどうか判断するとき、男性は相手の女性を見て一秒で判断しているとされます。私たちには、そのような判断力が先天的に身についています。その判断力を生かせていますか?


その瞬間その瞬間での臨機応変の判断が、仕事のスピードや生産性、人生や仕事の成果を左右します

  • 判断をしないことでチャンスを逃していませんか?
  • 瞬時に判断できなかったことで時間を浪費していませんか?
  • 判断をできずに恥をかいたことはありませんか?
  • 一秒の判断と、五分あるいは一時間あるいは一日あるいは一ヶ月あるいは一年かけ思考した意思決定とどちらが成功をもたらしますか?
  • 一秒で判断ができたらすごいと思いませんか?
  • 判断に迷った時にどうしたらいいか知っていますか?
  • その瞬間に判断ができる技術を知っていますか?

人生のどのような場面であっても、その瞬間の適確な判断、即断即決によって夢を実現させることができます。

判断には、分析による論理的意思決定に加えて、直観的な判断を駆使することがあります。その重要な瞬間に情況を踏まえて決断します。

判断と意思決定そして直観との違い」の詳細は、こちらを参照ください。


臨機応変の判断力:OODA

判断力を身につけるのには技術がありました。OODAです。

文字通り命をかけた判断が求められる軍事において、どのように判断したらいいか?これを研究したのがアメリカ軍大佐であったジョン ボイドでした。

彼は歴史上の戦略論から数学、量子力学、物理学、トヨタウェイまでを研究しボイド戦略論を作り上げました。ボイド戦略理論の中核にあるのが判断力の技術OODAです。

実戦で有効性が証明された「光速OODA」の詳細については、こちらを参照ください。

光速OODAループが情況を踏まえた判断、究極の決断ジャッジメントコール」の技術を教えてくれます。

光速OODAループにより重要な瞬間に判断ができます。これがその瞬間の判断力です。

どう判断したらいいか、まずは見当づけます(Orient)。見当づける際に、ビジョンや行動パターンといった判断の後押しがあることが重要です。情況をみて確かめ(Observe)、情況に応じて自信を持って判断する(Decide)こと(ジャッジメントコール)ができます。


OODA:PDCAでは生き残れない

OODA」を使ったビジネスにおける改革については、こちらを参照ください。


書籍出版アンケート募集

臨機応変の判断力:OODA

臨機応変の判断力を身につけるには技術がありました。

「臨機応変の判断力:OODA」というテーマで、書籍の出版を準備しています。その瞬間の臨機応変の判断力を身につける方法、具体的な使い方について書籍で紹介する予定です。

出版にあたりご意見、ご要望などのアンケートを実施しています。

こちらにてアンケートにお答えいただけますと幸甚です。抽選でホワイトペーパーをお礼に贈呈します。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.