日本企業へのOODA適用の成果

私たちアイ&カンパニーは2005年以来、日本および米国の先進企業に対してOODAを基本思想にした独自のモデルを作り導入のお手伝いをしてきました。

関与させていただいた企業では組織改革、業務改革、戦略転換を行いました。その結果、業界で1、2位の地位を築いたり、確固たるものとしたりしています。これらの成功事例は、競合他社が気付いても追いつかない段階に来ましたら公にご紹介できるものと考えております。が、ここでは可能な範囲でその内容を紹介します。


指示待ち族になってしまった組織の改革

OODAは、誰もが日々行う「みる・わかる・きめる・うごく」という行為において、思考法、そして成功の原則を教えてくれます。

OODAの思考法を使うことで、固定観念など行動の制約となっている要素を変えていくことができます。これを身につけることで夢を実現することができます。

今日の指示待ち族になってしまった大半の日本人そして日本企業にとって、武士道を蘇らせ再興する唯一かつ有効な処方箋になります。


OODA適用の成果とは

OODA適用の中心的なテーマであり成果が、自律分散組織への転換です。

個々人が夢の実現に向かって主体的に考え行動できるようにすることです。やりたいことができて、成果が出る組織です。「ワクワクする組織」の実現です。

事例については、書籍で紹介します。


世界初のOODA入門書

OODAループの組織への適用法を解説した書籍が「すぐ決まる組織」のつくり方 ー OODAマネジメントです。ビジネス適用の実績にもとづく世界初の書籍になります。

 次のページ > 
「すぐ決まる組織」のつくり方
OODAマネジメント
[紹介]

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら
著者:アイ&カンパニー 入江仁之
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献はこちらです。
脚注:本論文はビジネスにおけるPDCAとOODAの適用について議論しています。
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.