PDCAの限界を補完するOODA

OODAループとPDCAサイクルを実際に適用するケースを紹介しましょう。PDCAは環境にかかわりなく計画の策定と実行に集中しています。環境に応じて適確な判断による行動をするためには、OODAが必要です。

OODAループがビジョン、戦略、方針、活動の階層をカバーします。

PDCAサイクルは継続的改善活動の階層をカバーします。品質管理ISO-9001の手続きが対象とする領域が中心になります。


OODAループとPDCAサイクルの適用の実際

PDCAの限界を補完するのにOODAが最適です。OODAループとPDCAサイクルを連携させて仕事を回すことによって、環境に適した行動ができ、想定外の事態にも対処でき、失敗を回避可能です。

 

PDCAサイクルを拡大して適用するのではなく、OODAループを導入して仕事の仕方を変えなければなりません。


OODAとPDCAの事例

:伝統的な日本企業の仕事の仕方の改革

部下の作った資料を突きかえし、作り直させ資料の完成度にこだわる。といった仕事のやり方は、すでに時代錯誤となっています。資料を作った後に上司がチェックして却下していては、部下はモチベーションが下がるばかりです。

PDCAを回す前に、OODAを回す必要があります。情況を踏まえて目的と紐づけて何の資料を作成すべきかを判断します。その上で必要に応じて、PDCAにしたがい作成した資料をチェックして改善していけばいいのです。


OODAの詳細については、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.