ドラッカーMBO:目的によるマネジメント

これまで目標管理制度や業績評価制度として多くの企業で、適用されてきたのがMBO (Management by Objective)です。

MBOが最初に提言されたのが、ピータードラッカー(Peter Drucker)の1954年に出版された”The Practice of Management”です。MBOは「目的によるマネジメント」です。

日本ではMBOを目標管理と訳し、数値目標により管理する企業が多くあります。ドラッカーの提言したMBOとは異なった理解がされてきました。

企業のビジョン実現と個々人の活動の方向性を結びつけることに焦点を当てることが重要です。このためには、従来の目標管理制度を見直す必要があります。


目標・評価・育成・褒賞制度:GPDR

私どもが提言する次世代の目標・評価・育成・褒賞制度がGPDRです。

GPDR」の詳細は、こちらを参照ください。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image