次世代 製品開発方法論:HPD™

開発リードタイム短縮
TTM、Time To Market

21世紀に入り2010年ごろまでは、世界的に製品開発の改革は開発リードタイムを短縮することが重要な課題でありました。そのため従来の製品開発業務の改革は開発プロジェクトのフェーズレビューの内容を高度化させるなどのプロジェクト管理を見直すことがテーマでした。従来の製品開発は、開発管理を向上させることに関心が集中していたといえます。

しかし、先進技術が開発投入され開発投資が膨大になり世界市場への個別の柔軟な対応が求められる今日、従来の製品開発の仕方のままでは競争に打ち勝てなくなってきています。


製品開発生産性向上を実現する
次世代 製品開発方法論:HPD™」

開発リードタイム削減の次のテーマが、製品開発の生産性向上です。先進企業はすでに成果を出しています。市場投入製品のヒットそして製品開発生産性の向上です。

競争が激しいマーケットで、持続的な成長を確実にするために、製品開発/生産技術の網羅的かつ構造的な見直しと再定義が必要になっています。

このために、製品開発/生産技術の網羅的かつ構造的な見直しと再定義を行うのが、アイ&カンパニーが提唱する「次世代 製品開発方法論:HPD™」(Hyper Product Development)です。

・先端先行開発の管理によるアーキテクチャの設計開発
・商品製品戦略とポートフォリオ管理
・ハード、ソフトとサービスを網羅したのライフサイクルの品質とコストを改善するためのコンフィグレーション管理と開発プロセス管理
・生産技術と販売物流サービスとのクローズドループの仕組みによるフロントローディング
・組織能力の向上のためのインフラなど

多面的な要素を構造的に見直すことが求められています。


アイ&カンパニーが提唱する「次世代 製品開発方法論:HPD™」は、他に無い製品ハードウェア、ソフトウェアそしてサービスの開発の改革(イノベーション)において網羅的なフレームワークを提供しています。

R&D、商品企画、新製品開発そして生産技術の分野において、経営戦略ビジネスアーキテクチャ設計とテクノロジーアーキテクチャ構築を網羅して改革を進めることができるメンバーを抱えており、アイ&カンパニーは、唯一の経営コンサルティングファームと言われています。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image