EDCA – SDCA – PDCAサイクル

EDCA > SDCA > PDCAで品質統制を行います。

EDCAで、製品化のニーズを明らかにします。

SDCAは、EDCAで製品化された後、開発生産業務の標準化を行い品質向上、生産性向上を進めます。

PDCAは、標準化された業務を継続的に改善します。


EDCAサイクル

EDCAとは、Explore Do Check Act のイニシャル。探索、実行、評価、改善のサイクルです。

EDCAは、製品化するため、市場などの外部環境からニーズなど目標とすべきものを見つけだし、製品開発し、結果を評価し改善するサイクル。

EDCAの目的は、製品化するための目標を明らかにして製品の品質をあげたり、生産性をあげたりします。


SDCAサイクル

製品化された後に、SDCAで、開発生産を標準化して、継続的な改善を続けます。


SDCAとは、Standardize Do Check Act のイニシャルです。標準化、実行、評価、改善のサイクルです。

SDCAは、業務の改善において、業務を標準化して、継続的な改善を続けるサイクルです。

SDCAの目的は、業務を標準化し、生産する製品の品質をあげたり、生産性をあげたりします。


PDCAサイクル

標準化された業務は、PDCAで、生産業務の品質向上、生産性向上を進めます。

PDCAで、開発生産活動の継続的改善をおこないます。


PDCAとは、Plan Do Check Actのイニシャルです。計画、実行、評価、改善のサイクルです。

PDCAは、QCサークルのチーム内で、問題解決のために取り組むべき課題を設定し、原因を特定し、解決策を決め、実行し、実行結果を振り返えり評価し、改善するためのサイクルを回します。

PDCAの目的は、QCサークルのチームの生産する製品の質をあげたり、生産性をあげたりします。


EDCA – SDCA – PDCAサイクルの問題

EDCA – SDCA – PDCAサイクルは、PDCAの限界を修正するためにPDCAの考え方を拡大してきたものです。

PDCAの真実と致命的欠点」の詳細については、こちらを参照ください。


EDCA – SDCA – PDCAサイクルは開発と標準化そして計画と階層わけして、活動が冗長となる問題があります。

また、全てにチェックの活動があり、デミングからも問題が指摘されていた「食い止める」チェックがサイクルの中にあります。

何よりも、現場での確認が軽視されがちです。市場など環境との相互作用を軽視することになりかねません。


これらの問題を回避する方法として、OODAが注目され欧米を中心に使われています。

OODA」の詳細については、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

©️2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.