AI に人間が勝ち残る力

人工知能 AI の強み

機械学習の特に深層学習が2010年代になり劇的に発達し、人工知能AIの機能向上が進んでいます。

囲碁の世界では2016年に人工知能Alpha GOが世界王者囲碁九段に勝ちました。すでにチェスのチャンピオン、将棋の将棋八段に人工知能が圧勝しています。

人工知能の発達により、人間の能力の大半の機能が人工知能により代替することができるようになります。

コンピュータが人類の知性を超え、人間が人工知能に追いつけなくなる技術的特異点 シンギュラリティ (singularity) は、2045年に起こるとグーグルのAI責任者レイモンド カーツワイル (Ray Kurzweil)が予言しました。人工知能が全知全能そして心を持つと主張しています。

人工知能 AI機械学習:深層学習、強化学習、転移学習など」の詳細については、こちらを参照ください。


人工知能脅威論

人工知能学者ヒューゴ デ ガリス(Hugo de Garis)は、人工知能が人類を滅ぼす可能性があると主張します。人工知能が神のような機械 (Godlike Massively Intelligent Machines)に発達すると。彼は、人間が神のような機械を作ることに賛成派を宇宙派 (Cosmists)、反対派を地球派 (Terrans)と呼びました。


宇宙派:人工知能推進論

人工知能の開発を進めるべきとする推進派を宇宙派といいます。

宇宙派は、人類は人工知能を生み出すために生まれてきた。宇宙の進化を止めてはならない。人工知能に道を譲るべきだ。とまで主張します。


地球派:人工知能脅威論

人工知能脅威論を訴える人たちが地球派といわれます。

地球派は、人類を滅ぼすような人工知能は不要と主張します。

ビル ゲイツ(William “Bill” Gates)は「人工知能は確かに不安を招く問題だ。よくコントロールできれば、ロボットは人間に幸福をもたらせる。しかし、数年後、ロボットの知能は充分に発展すれば、必ず人間の心配事になる」と指摘します。

イーロン マスク(Elon Musk)は「人工知能は悪魔を呼び出すようなもの」といいます。


人工知能共存論

人工知能共存論は、人工知能の発展を止められないのであるなら、人間社会に融和的な人工知能を開発するしかないと考えます。人工知能が人間と共存することが期待されます。人工知能の恩恵を受け最終的には人類と人工知能が融合し宇宙に広がっていけばいいと考えます。

20年内に今存在する半分以上の業務が、人工知能によって置き換えられ無くなります。お客様接点の無い間接部門のほとんどの業務が人工知能に置きかわります。

そして、強い人工知能が開発され、マインドアップローディングが実現されます。

人工知能と共存のために人間がどうしたらいいか、脅威を払拭するために何をすべきか考え準備する必要があります。

人工知能が脅威である可能性を完全に否定できるようにするためにも、人工知能に人間が勝ち残る力を見極めておく必要があります。


人工知能が優れている点

現時点で想定されている人工知能が人間より優れている点には以下のものが挙げられています:

  • 処理の正確性
  • 処理の規則性
  • 論理性
  • 集中力
  • 感情・主観からの中立性

人工知能が劣っている点

現時点で想定されている人工知能では、信頼できる十分なデータがないと予測精度を上げることができません。

このため、人工知能では目標の設定や問題の提起などは困難と考えられます。

また、人工知能が自ら導いた結論の思考プロセスを明確化して論理的に説明することも大変困難です。そのため、実行に移すために必要な説得力を持つことは難しいと考えられます。


人間が優れている点

人工知能の優れた点、劣っている点を見ると、人工知能に対して人間が優れている力が分かってきます。

人工知能に対して人間が優れている力は、十分なデータがない情況で目標の設定や問題を提起する能力です。クリエイティブな力、いわゆる創造力です。

創造力を発揮するために以下の力があります:

  • 感知力
  • 適応力
  • 想像力・発想力
  • 創造力

人工知能に人間が勝ち残る力:OODA

人工知能に人間が勝ち残る力、人間力を磨くには技術がありました。

それは米軍が勝ち残る力として開発したOODAです。OODAは、目標を設定し実行する直観と意思決定を包含した判断力から構成されています。

OODAにおいて洗い出されている能力を理解することによって、「人工知能を活用すべき能力」と「人間の力として強化すべき能力」を明らかにすることができます。

判断力には、人工知能が代替できる力とできない力があります。

感知し予測するに足る十分なデータがある場合には人工知能が優位です。感知データの学習による予測とそれに基づく意思決定は人工知能によって代替することが可能と考えられます。実際にはその人工知能の導入コストと投資効果が見合えばいずれ代替されると思われます。

人工知能によって代替されない判断力が、人間の力として強化すべき能力ということになります。

人工知能に人間が勝ち残るには、OODAを理解し判断力を鍛えることが有効なのです。

OODAループ」の詳細については、こちらを参照ください。

判断力」の詳細については、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image©️2017 I & Company, All rights reserved.