意思決定と判断

意思決定 Decision Makingとは、選択肢を洗い出し複数存在する選択肢を調査分析しその中から1つ選ぶことです。


意思決定と判断

これまで経営において中心的な議論の対象は意思決定でした。ここでの意思決定は狭義の意思決定で、論理的意思決定をさします。OODAのD:Decideにおいて分析的な論理的意思決定をするケースが該当します。

従来、経営学は、この「意思決定」を中心に議論されてきました。しかし、感情や哲学、価値観や個人的な経験などの側面が重要であるとの認識から、判断が注目されています。

判断 Judgment」の詳細については、こちらを参照ください。

OODA」の詳細については、こちらを参照ください。


意思決定と直観

意思決定は選択肢から1つを選ぶのに対して、直観は選択肢を洗い出し比較評価することなく直接的に考えを定めます。

意思決定は「ヒックの法則」によると選択肢が増えると時間がかかることから、選択肢がないか少ない直観よりも時間がかかることになります。

直観 Intuition」の詳細については、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.