ドレイファスモデル:直観力の習得

Dreyfus Model

「頭を使わずに体で考えて応じる」

このように直観で行動できるようにするには、直観力を身につけることです。

直観力により判断できるようにするためには方法論があります。巨匠になるまでの習熟の段階「直観力習得の段階」(ドレイファスモデル)に基づいて鍛錬していきます。

「直観力習得の段階」は、アメリカ空軍の支援により1970年代から行われたドレイファス兄弟の研究によるものです。ヒトは技術の習熟度が上がるにつれ専門知識より直観力に頼るようになるという考え方に基づいています。

直観は、「直観力習得の段階」のもっとも高度な力になります。直観力を高めるためには、体で覚え直観で反応する感覚を鍛錬して身につけることが必要です。

「直観力習得の段階」では、直観力を身につける達人のレベルまで、初心者から5段階で定義されます。


初心者 Novice

マニュアル、チェックリスト、指示、ルール、方法論 教科書、参考書、料理本が必要です。


中級者 Advanced Beginner

ガイドラインが必要です。参考書に戻って確かめるため参考書のどこにあるか探すことが重要です。全体像から問題を見ることがまだできません。


上級者 Competent

新しい問題にこれまでの経験を応用して解決できます。臨機応変な対応が可能ですが、問題を探し出し解決することができません。


熟練者 Proficient

全体像を理解して行動でき、自らの行動を振り返り自己改善することができます。


達人 Expert

達人(巨匠)は、直観で動きます。膨大な経験がありその経験を引き出して応用し最適な解を出せます。

直観力を発揮できるのは、変性意識状態(Altered States of Consciousness)であるということもできます。考えて考えぬいた結果たどり着く状態です。顕在意識の状態ではなく潜在意識につながった状態です。

将棋で大山康晴棋士や羽生善治棋士がいう大局観も、直観力と通じるものです。

 


著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:OODAの研修・実装の詳細はこちらを参照してください。
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献は以下の他、こちらです。
出典:Dreyfus, Stuart (June 2004) The Five-Stage Model of Adult Skills Acquisition Bulletin of Science Technology & Society, Volume: 24 issue: 3, page(s): 177-181 SAGE Publications
出典:Dreyfus, Stuart and Dreyfus, Hubert (Feb 1980) Five-stage model of the mental activities involved in directed skill acquisition, University of California, Berkeley Operations Research Center (PDF)
出典:Dreyfus, Stuart and Dreyfus, Hubert (Feb 1979) The Scope, Limits, and Training Implications of Three Models of Aircraft Pilot Emergency Response Behavior, University of California, Berkeley Operations Research Center (PDF)
出典:Hunt, Andy (2008) Pragmatic Thinking and Learning: Refactor Your “Wetware”, Pragmatic Bookshelf
出典:Klein, Gary (Nov 2017) Retiring the Dreyfus Five-Stage Model of Expertise,  Psychology Today (URL)
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら