ドレイファスモデル:直観力の習得

Dreyfus Model

「頭を使わずに体で考えて応じる」

このように直観で行動できるようにするには、直観力を身につけることです。

直観力により判断できるようにするためには方法論があります。巨匠になるまでの習熟の段階「直観力習得の段階」(ドレイファスモデル)に基づいて鍛錬していきます。

「直観力習得の段階」は、アメリカ空軍の支援により1970年代から行われたドレイファス兄弟の研究によるものです。ヒトは技術の習熟度が上がるにつれ専門知識より直観力に頼るようになるという考え方に基づいています。

直観は、「直観力習得の段階」のもっとも高度な力になります。直観力を高めるためには、体で覚え直観で反応する感覚を鍛錬して身につけることが必要です。

「直観力習得の段階」では、直観力を身につける達人のレベルまで、初心者から5段階で定義されます。

直観力を発揮できるのは、変性意識状態(Altered States of Consciousness)であるということもできます。考えて考えぬいた結果たどり着く状態です。顕在意識の状態ではなく潜在意識につながった状態です。

将棋で大山康晴棋士や羽生善治棋士がいう大局観も、直観力と通じるものです。


直観をも駆使し「すぐ決まる組織」に転換

日本型組織の病状を解決してくれるのがOODAマネジメントです。豊富な事例をとおして、具体的な改善・改革の方法を書籍で紹介しています。

OODAループの組織への適用法を解説した書籍が「「すぐ決まる組織」のつくり方:OODAマネジメント」です。ビジネス適用の実績にもとづく世界初の書籍になります。

 次のページ > 
「すぐ決まる組織」のつくり方
OODAマネジメント
[紹介]

 

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら

著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:OODAの研修・実装の詳細はこちらを参照してください。
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献こちらです。
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.