自己決定理論

Self Determination Theory

自己決定理論 とは、人間の動機付け(モチベーション)についての基本理論です。

私たちのやる気を引き出すいわゆる動機付けは、自分が決めた程度(自己決定)が大きいほど、大きくなるという理論です。自ら考えて決めた自己決定は、内発的な動機付けとも言われが、自律的で、やり抜く意思が強固になります。

他方の、動機付けがなかったり、自分ではない外から言われて決めたことは、外発的な動機付けとも言われ、自己決定よりも意思が弱くなります。

リチャードライアンRichard M. RyanとエドワードデシEdward L. Deci により提唱されました。


アンダーマイニング効果

自らが進んでやりたいと思う、内発的に動機付けられた行動に対して、その行動に金銭を与えるなどの外発的な動機付けを行うと、やる気がなくなってしまいます。このモチベーションが低下する現象をアンダーマイニング効果undermining effect、あるいは、抑制効果といいます。エドワード L. デシによる実験で脚光を浴びるようになりました。


動機付け、メンタルに興味を持たれた方へ

上記でも紹介しました動機付け、メンタルモデルまでをも体系化した戦略理論がOODAループです。詳細についてご興味のある方は以下をご覧ください:

OODAループに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
OODAループ戦略理論については:「OODAループ:戦略の一般理論
OODAループの思考法については:「OODAループ思考
OODAループのビジネスでの適用法は:「「すぐ決まる組織」の作り方:OODAマネジメント


OODAループの書籍刊行

OODAループのビジネスへの適用法をわかりやすく解説したのが、「「すぐ決まる組織」のつくり方 OODAマネジメント」です。

自己決定理論を個々人の思考でどのように活かすかを紹介したのが「OODAループ思考」です。

世界初のOODAループ導入の組織論と思考法の入門書といわれています。OODAループを現場へ導入するための方法を、長年の実践経験と実績にもとづいて書かれています。

著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
出典:本論文は2005年以来のOODAループ実装結果に拠る提言です。参考文献はこちらです。
© 2015 – 2020 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせ >こちら研修について詳しくは >こちら講演について詳しくは >こちら