組織文化の改革

現場の力を活かす組織文化に改革するためには、OODAに基づき、官僚的大企業病に病んだ組織を、顧客中心の価値判断を現場で自律的に遂行する組織に全面転換していきます。

対象は、ビジョン、文化、機会、場/ コミュニティ、制度/ツールの全てです。


組織文化の改革のための制度/ツール

制度やツールは以下を含みます:

センスメイキング
現地現物現実を重視するなぜなぜ (5 Whys)文化を導入します。

・目標設定/パフォーマンス評価/開発/褒賞制度 GPDR:
従来の人事評価制度を網羅的な制度GPDRに改革するのが有効です。

次世代 目標管理方法論:VSA™
ビジョン構想を共有し自律的な行動をとる文化にします。報告制度/バランストスコアカード(BSC)などとは異なります。

・次世代 生産性向上方法論:PMQIR™
部門横断の改革手法に加えて、顧客価値のDNAを埋め込んでいきます。例えば、シックスシグマやワークアウトとは異なり、価値判断を方法論に取り込んでいます。

・チェンジマネジメント:
組織改革を推進するプロセスを導入していきます。

 


著者:アイ&カンパニー
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:セミナー・講演・研修のご依頼はこちらにお願いします。
出典:これら論文の参考文献こちらを参照ください。
© 2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせは、こちら