戦略と計画の違い

Strategy and Plan

日本では戦略と計画の違いを曖昧にして使っているケースをよく目にします。

これは、日本には戦略がないためと考えられます。

日本に戦略がないというのは、戦中から今日に至るまで言われ続けているのです。

第二次世界大戦で日本軍がアメリカ軍に大敗した原因は戦略がなかったためです。アメリカ軍の分析によると、日本は優秀な現場兵力があるが、戦略がないというものでした。


戦略とは

戦略についてはさまざまな定義があります。本稿ではアメリカ軍戦略家ジョンボイド John Boyd の定義を踏襲します。

戦略とは、「多くの混迷をもたらす出来事が起こり数多くの利害が対立するしばしば予測不可能な展開をする世界において、変化する多様な意思を織り込み私たちの力を調和させ集中させることにより特定の目指すべき目的を実現する根幹の方策です[1]。」

戦略とは、目指す状況いわゆるビジョンを実現する方策です。

先行きの見えない展開する環境において、ビジョンを実現する努力を調和させ焦点を当てる変化し続ける意図をいいます。

戦略には、単一事業の戦略である事業戦略と、一企業の複数事業の戦略である企業戦略あるいは経営戦略があります。

[1]Boyd, John Richard (1987) The Strategic Game of ? and ? P.58

計画とは

計画とは、目標を達成するための行動の仕方です。

計画では、何のため why、何を what どうやって how いつ when 誰が who するかを決めます。

今どこにいて、これからどこに行きたいかを示す意図をいいます。

計画には、単一事業の計画である事業計画と、一企業の複数事業の計画である経営計画があります。

期間が1年の計画を短期経営計画、3〜5年の計画を中期経営計画、5〜10年の計画を長期経営計画と言います。


戦略と計画との関係

戦略は、計画の上位概念です。

戦略により計画を臨機応変に選択し推進して行きます。

戦略と計画の関係は、以下の図に示すように、戦略の構成要素として計画が位置づけられます[2] 。

[2] Richards, Chet (2004) P.79

戦略策定と遂行:OODA

想定外のことが当たり前に起こっています。先行きの予測ができない今日では、戦略が計画以上に重要になっています。

ここでは、固定概念にとらわれないで様々な仮説を設定し実行してお客様などの反応を検証しビジョンを実現していきます。これが正に戦略です。

このような戦略の遂行がOODAループです。OODAループは、計画 plansや戦術 tacticsを包含するのです。

OODAは、臨機応変に環境に応じて随時PDCAを選択しマネジメントします。


計画策定と検証:PDCA

PDCAは、計画をいかに忠実に実行するかを見て行きます。最初に計画があります。

PDCAだけでは、戦略がありません。OODAがあって初めてPDCAが効果を発揮します。

 

 

 


OODAループに興味を持たれた方へ

OODAやPDCAについて興味を持たれた方は、以下に詳しく紹介していますのでご覧ください:

OODAループに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の2つです:
OODAマネジメント:「すぐ決まる組織」の作り方
OODA思考:「世界最速の思考法」

PDCAサイクルに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の3つです:
OODAループ:PDCAでは生き残れない[詳細]
PDCAサイクル:問題点と致命的欠点
PDCAとOODAの違い


OODAの書籍刊行

OODAループを日本の企業や組織に浸透していくことを期待する声が日々に高くなっています。三年以上に渡りOODAループに関する本格的な書籍の出版を準備してまいりました。これまでに数十万の方々が本稿を読んでいただき、多くの方々からご意見をいただいてきました。サイト上で恐縮ですが、お礼を申し上げます。ありがとうございます。頂いたご意見はとても参考になっております。おかげさまで執筆が進んできております。引き続き、本の内容についてご要望ご意見などをお伺いしております。アンケートこちらにてお願いします。

出典:Boyd, John Richard (1987) The Strategic Game of ? and ? (Original) (Edited)
出典:Richards, Chet (2004) Certain To Win: The Strategy Of John Boyd, Applied To Business, Xlibris, Corp*
著者:アイ&カンパニー 入江仁之
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献はこちらです。
脚注:本論文はビジネスにおけるPDCAとOODAの適用について議論しています。
   PDCAの品質統制での適用について議論をするものではございません。
   本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら