OODAループの誤解

OODAを回せばいいと考えていませんか?

最近はOODAループを知っている人は増えてきました。しかし、OODAについて誤解が多くみられます。PDCAと同様に単純なサイクルとする誤解です。

PDCAは回すものですが、OODAは回すものではありません。瞬時に同時処理するものです。


時間を浪費し、脳の疲労をもたらす低速OODA

時間の浪費

戦闘においての実戦であっても、ビジネスにおいての実務の実践であっても、このように、まっさらで「みる(Observe)」ことから始めていたのでは、「わかる(Orient)」まで無制限に時間を浪費してしまい、「きめる(Decide)」ことができず、結局「うごく(Act)」ことができず、勝ち残れません。


脳の疲労

今日のVUCAの世界ではますます脳に対する負担が増しています。脳は酷使されています。全ての疲労は脳が原因といわれています。脳は日常生活をしているだけでも大量のエネルギーを必要としています。脳の主なエネルギー源はブドウ糖です。人間の脳における酸素消費量とブドウ糖消費量は全摂取量の約25%を占めているといわれています。

本能的に人間は脳に負担のある判断を避けようとします。効率的に脳を使う必要があります。


時間を浪費し、脳の疲労をもたらす低速OODA

時間を浪費してかつ脳が疲労をもたらす低速OODAは実戦向けではありません。


光速OODA

実戦で使われているOODAは、光速処理をするOODA「光速OODAループ」です。

光速OODAループについては、こちらを参照ください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp
image
著者:アイ&カンパニー
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
出典:本論文の参考文献こちらを参照ください。
© 2015,2016,2017 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.