プラットフォーム リーダーシップ

プラットフォームリーダーシップ (Platform Leadership)は、プラットフォーム ビジネにおいて主導することです。プラットフォームとなる立場を作る戦略でもあります。


プラットフォームビジネス

プラットフォームとは、従来はコンピュータのOSやミドルウェア、ハードウェアなどの基盤技術を指していました。インテルのプラットフォーム戦略はその典型例になります。しかし、昨今は、概念が拡大し、ビジネスの基盤となる位置付けの階層レイヤ(Layer)を指すようになりました。

プラットフォーム ビジネスとは、事業の場を提供することです。製品やサービスを直接提供するのではなく、他社がプラットフォームを利用して製品やサービスを提供できるようにするものです。


マルチサイド プラットフォーム:
二面市場そして三次元戦略

プラットフォーム戦略としては、当初、2014年のフランスのノーベル経済学賞受賞者、ジャン・ティロールがプラットフォームの競争についてディスカッションペーパー「Platform Competition In Two-Sided Markets」により2面市場、2次元プラットフォーム理論が提唱されました。

その後、3次元のマルチサイドプラットフォームMSP(Multi Sided Platform)が出てきています。ビジネススクールで議論されているものです。システムロックインもその一形態になります。


アーキテクチャ戦略

プラットフォームというとソフトウェアの世界のものと考えられる方も多いと思います。製造業においてプラットフォームリーダーシップをとるには、アーキテクチャを構築することが有効です。

事業戦略の実践の場では、アーキテクチャの設計が重要な要素となっています。


ネットワーク効果

プラットフォームリーダーシップの成否は、ネットワーク効果(Network Effect)を得られるか否かにかかっています。


事業創成の方法

プラットフォームリーダーシップは、従来の商品企画やR&Dでは実現できません。包括的な方法論が必要となります。次世代事業創成方法論:RPADを参照ください。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image