パレートの法則:80/20ルール

パレートの法則:80/20ルール は、イタリアの経済学者ヴィルフレド パレート Vilfredo Frederico Damaso Pareto が発見した確率分布(パレート分布)の法則 です。「パレート ルール」ともいわれます。

優先付けのために使われる法則です。


所得の偏在の法則

当初は、パレートは所得の偏在の法則を統計の実証分析で示しました。つまり、上位2割の高額所得者のもとに社会全体の8割の所得が配分され、下位8割の低所得者に残りの2割の所得が配分されるというものです。

この法則が多様な領域に当てはめられています。


仕事の優先付け

仕事の成果の80%は費やす総時間の20%から生まれます。

成果の80%を優先して生み出すことを目指して仕事の優先付けします。全体の20%の時間で上位の効果的な仕事を行い、80%の完成を果たします。


OODAでの適用

OODAでは、このパレートルールをダイナミックに使います。最初の20%を優先して実行した後の状況を観察して、優先する20%を再度選んで実行して行きます。


OODA関連論文の公開

日本が再興するためにお役に立ちたいと考え、本稿等の論文を公開します。主な論文とその要約は、こちらを参照してください。


OODA本の出版:アンケートのお願い

OODAの考え方を日本の企業や組織に浸透していくことを期待する声が高くなってきています。このような要望に応え、OODA本の構想を練ってまいりました。

現在、みなさま方と一緒に書籍を作って行くために、本の内容についてご要望ご意見などをお伺いしております。

アンケート」をこちらにてお願いします。ホワイトペーパーをお礼に贈呈します。

著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:OODAの研修・実装の詳細はこちらを参照してください。
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献こちらです。
©2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.