ネットワーク効果

ネットワーク効果 (Network Effect)とは、「ネットワークでつながる相手先が増えるほどネットワークを使う価値が増えること」をいいます。ネットワーク外部性ともいいます。

インターネットにおけるメトカーフの法則 (Metcalfe’s Law)が有名です。

インターネット(例えば、ソーシャルネットワーキングSNSやネットオークション)がネットワーク効果を得る典型的な例になります。インターネットを使う人が増えるにつれて、インターネットを使うメリットが増えます。最後にはインターネットを使わない人がデメリットを得るような状況にまでなります。


ネットワーク効果の適用方法論

ネットワーク効果を想定した事業創成プロセスの管理を推奨しているのが、次世代事業創成方法論:RPADになります。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image