ネットワーク中心戦:NCW

ネットワーク中心戦 NCW Network Centric Warfare は、ネットワークを駆使して情報を共有することで、効果的で効率的な軍事運用を実現します。C4ISRに基づく概念です。

アーサー・セブロウスキー Arthur K. Cebrowski および ジョン・ガルストカ John J. Garstka によって創案された軍事概念です。1998年に発表されました。

アメリカ国防総省 Department of Defense, DOD から公開されていますNCWの論文Network centric warfare : developing and leveraging information superiorityは、こちらを参照ください。


C4ISR

C4ISRとは、指揮統制と情報を統合的に活用して活動する軍事の概念です。指揮 Command、統制 Control 、通信 Communication 、 コンピュータ Computer の4Cと、インテリジェンス Intelligence、監視 Surveillance 、 偵察 Reconnaissance のISRをさします。

C4ISRとして、ネットワーク中心戦 NCWが創案されました。


次世代OODA

ネットワーク中心戦 NCWは、OODAループに基づき構築されています。米国空軍において次世代OODAに向けて発展しています。

軍事の概念を企業経営に適応する活動が進められており、パワートゥザエッジ P2E次世代OODAに向けて発展しています。

次世代OODA」の詳細については、こちらを参照ください。

著者:アイ&カンパニー
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
© 2015,2016,2017,2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.