ネガティブリスト方式

ポジティブリスト制度

例えば、特に日本人は、計画やルールを守るのが好きです。これが功を奏して、1960年代からバブル期までの経済成長を実現させました。決まったことを頑張ればよかったのです。指示を待って忠実に従い行動する文化ができました。

日本では、ポジティブリスト方式で計画やルールを定め行動を統制します。

これしかダメと規制するのです。これだけはできるという規制です。限定的に列挙されたと解釈されます。例示的に列挙されており他もできるとは解釈されません。

この思考が固定観念として身に染み付いているので、形式主義思考停止、指示待ちになります。リスクを取らないのです。できることに縛られる日本人の固定観念に紐づいています。これが形骸化する形式主義を生んでいます。


ネガティブリスト制度

これに対して、欧米では、ネガティブリスト方式で計画や規制を定めます。大陸ドイツもネガティブリスト制度に移ってきています。

計画や規制に書かれていないことはやっていいとなります。これだけはできないという規制です。規制が必要なものは限定的に列挙し、それ以外への演繹適用をしない方法です。

ネガティブリスト方式だとワクワクして期待を超える成果を出してしまいす。計画やルールの破壊と創造が起きていきます。

組織が一枚岩になって行動できるように固定観念から破壊と創造をしていきます。


やらないことを決める

ネガティブリスト方式、つまり、やらないことを決めることは意外な効果があります。役に立たない、あるいは、自分がやっても優位性がないと考えられることをやらないと英断することによって、模倣ではなく、自分の価値を考えることができます。

闇雲になんでもやるという思考では、何でもやって、結局何もできないということになりかねません。


日本企業へのOODA適用の成果

日本企業へのOODA導入適用の成果については、こちらを参照ください。

 

 

 


OODAループに興味を持たれた方へ

日本の組織を蝕む病とその原因を明らかにし、日本を再生させて行かなくてはなりません。日本再興にお役に立ちたいと考え、本稿等の論文を公開します。

上記でも紹介しました視点をはじめ詳細についてご興味のある方は以下をご覧ください:

OODAループに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の3つです:
OODAループ:戦略の一般理論[詳細]
OODAマネジメント:「すぐ決まる組織」の作り方
OODA思考:「世界最速の思考法」

PDCAサイクルに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の3つです:
PDCAサイクル:問題点と致命的欠点
PDCAとOODAの違い


OODAの書籍刊行

OODAループを日本の企業や組織に浸透していくことを期待する声が日々に高くなっています。三年以上に渡りOODAループに関する本格的な書籍の出版を準備してまいりました。これまでに数十万の方々が本稿を読んでいただき、多くの方々からご意見をいただいてきました。サイト上で恐縮ですが、お礼を申し上げます。ありがとうございます。頂いたご意見はとても参考になっております。おかげさまで執筆が進んできております。引き続き、本の内容についてご要望ご意見などをお伺いしております。アンケートこちらにてお願いします。

 


著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注:本論文はビジネスにおけるOODAの適用について議論しています。
脚注:OODAの軍事適用について議論するものでもございません。
脚注:本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注:OODAの研修・実装の詳細はこちらを参照してください。
出典:本論文は2005年以来のOODA実装結果に拠る提言です。参考文献こちらです。
©2018 I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら