デザイン思考

顧客の体験に基づく製品・サービス開発が重要となっています。これを実現するのが「デザイン思考」という言葉で最近注目されている、優秀なデザイナーの仕事の仕方を取り込んだ製品・サービス開発イノベーションの方法です。


デザイン思考の限界

デザイン思考は、先進的なデザイナーの商品企画開発手法を適用している点において、従来の研究開発のエンジニアのアプローチと違い、有効な視点や気づきを与えてくれます。

しかし、これまでのデザイン思考では、包括的な視点からの気づきを得ることが想定外となっており、プラットフォームのリーダーシップなど新たな世代の戦略には限界があります。


OODAに基づく事業創成

私どもが提言している製品・サービス開発方法論は、OODAの思考法を取り込み構築された方法論です。


顧客の創造

従来の顧客にどのような製品・サービスが必要か聞いて製品・サービス開発が成功することを期待すると、突然現れた競合企業に市場を独占されてしまうリスクが増しています。顧客を創造する視点でビジネスアーキテクチャを構築する必要があります。


エコシステム

今の時代は「エコシステム」を大前提に製品・サービス開発を進めていくことになります。


市場の創造

どんなに素晴らしい製品・サービスであっても、市場ができなくては事業が成功しません。事業ライフサイクルを見据えた製品・サービス開発市場創造をしていく必要があります。


ペルソナマーケティング

ターゲットとする顧客像「ペルソナ」を生きたモデルとして定義します。市場調査(リサーチ)、観察、インタビューそして体験の3種類の方法を駆使して、「ペルソナ」を明らかにしていきます。

 

 


OODAに関する論文の公開

日本の組織を蝕む病とその原因を明らかにし、日本を再生させて行かなくてはなりません。日本再興にお役に立ちたいと考え、本稿等の論文を公開します。

上記でも紹介しました視点をはじめ詳細についてご興味のある方は以下を参照ください:

OODAループに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。
代表的なものは、以下の2つです:
OODAマネジメント:「すぐ決まる組織」の作り方
OODA思考:「世界最速の思考法」

PDCAサイクルに関する主な論文のリストとその要約を、こちらに紹介します。


「すぐ決まる組織」の作り方:OODAの書籍刊行

デザイン思考を展開するには組織改革が必要です。デザイン思考を補完するOODAループの組織への適用方法を下記の書籍で紹介しています。

アマゾンでの購入 >
「すぐ決まる組織」のつくり方
OODAマネジメント

お問い合わせ
OODAコンサルティングは、こちら
講演、執筆、助言、その他は、こちら
著者:アイ&カンパニー
© 2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.