気づきの方法論:センスメーキング

センスメーキング(sensemaking)とは、気づいて(みてObserve、わかりOrient)行動を起こせるようになるまで、情勢の変化の意味が分かること(情勢判断)です。

対象は、想定していないこと、予測もしていなかったこと、期待していなかったこと(unexpected)です。これら想定していないことを、人間が経験して、その意味づけをすることが非常に重要です。このプロセスがないと、気づかない、あるいは気づいても行動に移せません。


勝ち残るための判断力 OODA

「勝ち残るための判断力」OODAにおいても重要とされているのが、OODAの最初の二つ、OO(みるObserve、わかるOrient)です。OOをセンスメーキングと呼びます。

アメリカでは、Karl E. Weickなどが、熟練専門家の判断において、いかにセンスメーキングが重要かの研究をされています。

センスメーキングを実現する組織戦略に、パワートゥザエッジがあります。これは、ネットッワーク中心戦(network centric warfare)の概念を組織に適応させる概念です。


組織改革

私どもは、この分野に適用できる最先端の技術を開発しているパートナー企業と連携して、商品企画、製品開発、品質管理、顧客管理、マーケティングなど様々な領域で、市場の潮目の変化に気づいて、その動きがどのようなものかが分かり、情勢判断して、行動に起こせる、組織、仕組み、体制、文化に変換する組織改革の支援をしています。


アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image