センスメイキング:意味づけの方法論

Sensemaking


センスメイキング Sensemakingとは、状況の動きの意味がわかりうごくことができるようになること意味づけです。

センスメイキングは、みたものが何でどうなるのかを見当づけて理解し、腑に落ち納得して、行動を起こせるまでをいいます。

理解し納得し行動に移せる頭の中の認識が、世界観:VSMAです。

OODAループにおいて「わかる(Orient)」そして「きめる(Decide)」のODプロセスが、センスメイキング 意味づけになります。

気づいて(みてObserve、わかりOrient)、意味づけして(わかりOrient、きめるDecide)、初めて行動(うごくAct)に移せます。

現在の情況がどのような過程で起きて、その状況がどのように変化していくのかをみて、わかり、うごけます。この情勢の変化、潮目の変化が分かって動けることがセンスメイキングです。

OODAループ」については、こちらを参照してください。


センスメイキング:環境への働きかけ、自己成就

複雑で多面的な世界では、納得させるために、説得力ある意味づけ、ストーリー性が必要です。そしてその後は、環境への働きかけ Enactment により相互作用させます。納得がいくと、思い込みによって、自己成就 Self Fulfilling が起こされます。

対象は、予測もしていなかったこと、期待していなかったことです。想定外 unexpected です。これら想定していないことを、人間が経験して、その意味づけをすることが非常に重要です。このプロセスがないと、気づかない、あるいは気づいても行動に移せません。


誤った判断でも早い判断

ミシガン大学教授カール E. ワイクKarl E.Weickは、センスメイキングは正確性よりももっともらしさが重要だといいきります

一貫性、道理性、そして実用性、創造性が重要です。スピードと正確性のトレードオフの場合、正確性よりもスピードのほうが勝負を決します。時間が命です。限られた時間の中で詳細に観察していることによるコストは高すぎることが多いのです。躊躇していたり他のパターンが当てはまるかと考えていたりすることで、貴重な時間を浪費してしまいます。限られた時間でもっともらしさ、一貫性、道理性、創造性に注力して結果を出していきます。


ハンガリー軍のアルプス遭難

意味付けの方法論の事例として、ハンガリー軍隊のアルプス山脈での遭難の話があります。

意味づけの方法論:アルプス遭難」の詳細については、こちらを参照ください。


必要な組織改革

潮目の変化に気づき、行動を起こすところまでできるようにするには簡単ではありません。環境の動きをわかっても、現場で判断して行動するには、組織に関わる全ての要素が行動を促すようになっていなくてはなりません。

私どもは、この包括的な改革の支援をしています。組織改革です。

目指すのは、商品企画、製品開発、品質管理、顧客管理、マーケティングなど様々な領域で、市場の潮目の変化に気づいて、その動きがどのようなものかが分かり、情勢判断して、行動に起こせる組織です。組織、仕組み、体制、文化の領域にまたがる変換です。

組織改革のためのキーワードは、ネットワーク中心戦 NCW そしてパワートゥザエッジ P2E です。

ネットワーク中心戦 NCW, Network Centric Warfare

1998年に発表されたネットワークを駆使して情報共有し効果的なオペレーションです。
詳細はこちらを参照ください。

パワートゥザエッジ P2E, Power to the Edge

パワートゥザエッジ P2Eは、2003年に発表された情報共有により行動を同期化される組織管理思想です。センスメイキングを実現する組織です。ネットワーク中心戦 NCWの概念を組織に適応させる概念でもあります。
詳細はこちらを参照ください。


OODA関連論文の公開

日本が再興するためにお役に立ちたいと考え、本稿等の論文を公開します。

OODAに関する主な論文とその要約は、こちらを参照してください。


OODA本の出版:アンケートのお願い

OODAの考え方を日本の企業や組織に浸透していくことを期待する声が高くなってきています。このような要望に応え、OODA本の構想を練ってまいりました。

現在、みなさま方と一緒に書籍を作って行くために、本の内容についてご要望ご意見などをお伺いしております。

アンケート」をこちらにてお願いします。ホワイトペーパーをお礼に贈呈します。


お問い合わせ

「研修セミナー」「講演」「経営コンサルティング」「助言」などのお問い合せは、こちらへお願いいたします。

 

著者:アイ&カンパニー 入江仁之
脚注本論文はフィードバックに基づき随時、更新しております。
脚注OODAセミナー・講演・研修のご依頼はこちらにお願いします。
出典:本論文の参考文献こちらを参照ください。
© 2014,2015,2016,2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.