クラウゼヴィッツの戦争論

クラウゼヴィッツの戦争論とは、プロイセンの将軍カール フォン クラウゼヴィッツ (Carl Philipp Gottlieb von Claußwitz) による戦争と軍事戦略に関する理論です。ナポレオン戦争終結後の1832年にドイツで出版されました。その後の時代に大きな影響を与えている軍事戦略の古典の名著です。

戦争そのものがなにかを分析し理論体系化しました。戦争は敵対する意志の不断の相互作用であるといいます。

戦争、戦略、戦闘、戦闘力、防御、攻撃、作戦計画の各々の視点から議論されています。

クラウゼヴィッツは、戦争を、国民、軍隊、政府の三位一体として戦争に影響しているといいます。戦争は政治の延長線上にあることを主張しています。戦争を制約する政治の位置づけが重視されています。


重心の原則

効果の高い目標である重心 (Schwerpunkt) を見極めることが重要です。重心を特定し攻撃することによって勝利をもたらします。

クラウゼヴィッツは、最終像を考えないで最初の行動をとるなといいます。


主体性の原則

戦略を情況に応じて主体的 (Auftragstaktik) に決め実行することが重要です。

戦場では霧が立ち込めたり、部隊の中で摩擦が生じたりして、計画どおりには行きません。

クラウゼヴィッツは、主体的に知性と忍耐力で乗り越えなくてはならないといいます。


OODA

以上のようにクラウゼウィッツの戦争論はOODAの原則と共通しております。

米軍ジョン ボイドにより開発されましたOODAは、クラウゼウィッツの戦争論の他に以下の理論に基づいています。
軍事戦略論:
孫子の兵法
宮本武蔵の五輪書
「クラウゼヴィッツの戦争論」など
経営理論:
トヨタ開発方式」など
数学理論:
ゲーデルの不完全性定理」など
物理学(熱力学、量子力学):
熱力学第二法則
ハイゼンベルグの不確定性原理」など

OODA」の詳細につきましては、こちらを参照してください。

アイ&カンパニー・ジャパン
「経営コンサルティング」「講演」のお問い合せは
こちらのeメールへお願いいたします
marketing@iandco.jp

image

©️2015,2016,2017 I & Company, All rights reserved.