OODAループ:研修・実装コンサルティング

日本でもOODAループを普及させていくことを期待する声が高くなってきています。

私たちが日米の先進企業でOODAループを導入してきた経験を活かして、OODAの研修・実装コンサルティングを提供しています。

目的は、OODAの導入による環境変化に対応できる組織能力向上と活性化です。これにより劇的で持続的な生産性向上を実現させます。

このOODA研修・実装コンサルティングは、他社が行っているような一般的な研修セミナーではございません。研修ワークショップから始まり、参加者そして組織の行動改革を進めていく特殊なコンサルティングのプログラムとなっています。

OODA研修・実装コンサルティングの実施例を以下に紹介いたします。


コンサルタント

OODA研修・実装コンサルティングは、日本でOODAコンサルティングの第一人者として評価されております経験豊富なコンサルタントが指導します。

私たちアイ&カンパニーは、日本で唯一10年以上にわたるOODAコンサルティングの実績を持っているファームです。2005年よりOODAの実装による組織改革を行ってきております。


対象分野・組織

OODA研修・実装コンサルティングの対象分野は、企画、管理、営業、開発、サプライチェーン、生産、オペレーションをはじめ全ての機能分野が対象となります。


対象者

OODA研修・実装コンサルティングの対象者は、経営者、管理職および一般社員そして新入社員の全社員が対象となります。

新入社員向けには新人研修ワークショップが行われています。


目的

OODA研修・実装コンサルティングは、劇的で持続的な生産性と収益性そして企業価値向上です。環境変化に適応して勝ち残れる組織に転換していきます。

  • 新規事業・事業転換を成功させたい。
  • 勝ち残るための商品企画・開発に転換したい。
  • 大企業病の症状、指示待ち族を、主体的に的確な行動ができる組織に転換したい。
  • 働き方改革を、従業員自ら改革する活動にしたい。
  • 組織改革を始める第一段階として、社員の意識改革をしたい。
  • ワクワクして働ける、従業員満足度が高くて有名な組織にしたい。

効果

OODA研修・実装コンサルティングにより、生産性が10倍以上になり向上を続けている企業が出てきています。


対象組織の意識改革例

対象組織の意識改革を進めることで、以下のようなことで個々人が悩んでいる組織が自信をもって主体的に行動できる組織になります:

  • スピード感のある仕事の仕方がないか?
  • 指示待ち人間から脱却したいがどうしたらいいか?
  • 本質を見失った形骸化された社内の仕事の仕方を変えられないか?
  • 現場力の低下をふせぎ、組織の力の向上をできないか?
  • デザイン思考やリーンスタートアップを仕事で具体化できないか?
  • OODAを実際にビジネスに適用した実績からの知見を学びたい?
  • PDCAに限界を感じており、よりよい方法がないか?
  • OODAを日常業務に活かし俊敏に仕事をできないか?
  • OODAを仕事にどのように活かしたらいいか?

活動プログラム例

OODA研修セミナー・実装コンサルティングは、研修ワークショップからはじめます。

研修ワークショップの基本型を以下に例示します。

1. 状況の変化の認識

  • 環境変化のトレンドとビジョン・戦略・組織運営方法の転換の必要性
  • OODAの導入適用の目的・効果
  • 想定外の状況への対応法:VUCAフレームワーク
  • 問題意識の確認:VUCAワークショップ

2. OODA:早期に気づき、適時の効果的な行動がわかり、俊敏に判断し、最速で結果を出す

  • みる(Observe)  :早く気づく
  • わかる(Orient) :タイミングと効果的な行動がわかる
  • きめる(Decide):一瞬で判断する
  • うごく(Act)    :最速で結果を出す
  • みこむ、みなおす(Loop):状況に即してみこむ、みなおす
  • PDCAとOODAとの違い
  • PDCAとOODAの補完利用
  • 光速OODA(暗黙誘導IG&C、直観)

3. 持続的な成長のための意識改革:意味づけ、速断のための世界観

  • 夢・ビジョンを描く
  • 認知ギャップを知り、自己の世界観(VSA™)を見直す
  • 相手の世界観(VSA™)を意識する
  • 仕事に対する夢・仕事観の見直し:仕事観ワークショップ

4. 持続的な成長のための経営改革:主体性、自律分散

  • 組織の活性化:自律分散組織「ワクワクする組織」
  • やりがい・能力向上を支援する仕組み「GPDR™人事制度」
  • やりがい・能力向上を支援する上司の役割:GPDR™ワークショップ

5. リーダーの役割

  • マネジャーとリーダーの違い
  • 計画指示とビジョン共有の違い
  • 権限委譲と情報共有
  • リーダーの部下との会話の仕方:1 on 1 ワークショップ 

6. 持続的な成長のための行動改革:価値創造・無駄とり、即応

  • 仕事が目指す世界観(VSA™)を見直す
  • 自律的な行動改革の技術:生産性向上方法論(PMQIR™)
  • 自律的な行動改革の方法:PMQIR™ワークショップ

7. 新規事業・商品・顧客開発の改革:リーン・デザイン思考イノベーション

  • お客様の世界観を見直す新規事業・商品・顧客開発技術
  • イノベーション実現の事業創成方法論(RPAD™)
  • イノベーション実現:RPAD™ワークショップ

OODA研修・実装コンサルティングのお問い合わせ

OODA研修・実装コンサルティング」のお問い合せは、以下へお願いいたします。

アイ&カンパニー・ジャパン マーケティング本部担当


設計・著作:アイ&カンパニー
出典:2005年以来のOODA実装成果に基づく弊社独自の方法論です。
出典:参考文献こちらを参照ください。
脚注:本OODA研修・実装コンサルティングはフィードバックに基づき随時、更新しております。
© 2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.