研修セミナー:OODAによる組織改革

OODAループの考え方を日本の企業や組織に浸透させていくことを期待する声が高くなってきています。OODAの使い方の普及のため、OODA研修セミナーを提供しています。

私たちがビジネスの現場でOODAを導入し実践してきた経験を踏まえて、研修セミナー「OODAによる組織改革」を提供しています。

各社のニーズに応じて、研修セミナー講師を派遣しています。

研修プログラムの実施例を以下に紹介いたします。

対象者

OODA研修セミナーの受講者は、管理職および経営者です。

また、新入社員および一般社員向けに、自分で考えて行動できるようにするための研修を実施しています。


受講者の問題意識例

問題意識として以下のようなことを悩んでいる方々が受講されています:

  • OODAを実際にビジネスに適用した実績からの知見を学びたい
  • PDCAに限界を感じており、よりよい方法がないか
  • スピード感のある仕事の仕方がないか
  • 主体的に仕事をできるようにならないか
  • 本質を見失った形骸化された社内の仕事の仕方を変えられないか
  • OODAを仕事にどのように活かしたらいいか
  • OODAを日常業務に活かし俊敏に仕事をできないか
  • 現場力の低下をふせぎ、組織の力の向上ができないか
  • デザイン思考やリーンスタートアップを仕事で具体化できないか
  • 社内研修として取り入れたい

研修プログラム例

終日開催の研修プログラムの基本型を以下に例示します。

1. 時代状況の変化

  • 時代の変化:第四次産業革命
  • 米軍の戦略・運営方法の大改革
  • OODAのビジネスへの適用の目的・効果
  • VUCAフレームワーク

2. OODA(ウーダ):みる・わかる・きめる・うごく

  • みる :早く気づく
  • わかる:その瞬間に一瞬で判断する
  • きめる:直観で対処する
  • うごく:夢の実現のために行動する
  • PDCAとOODAとの違い
  • PDCAとOODAの補完利用

3. 成功のための技術:OODA思考モデル(VSMA™)

  • 夢・ビジョンを描く
  • 認知ギャップを知り、自己のOODA思考モデル(VSMA™)を見直す
  • 相手のOODA思考モデル(VSMA™)を意識する
  • 結婚の仕方:VSMA™思考モデルワークショップ
  • 就職活動の仕方:VSMA™思考モデルワークショップ

4. 成功のための組織:自律分散組織

  • OODA組織の事例:自律分散組織「ワクワクする組織」
  • 能力向上を支援する仕組み(GPDR™)
  • 目標の設定:VSMA™目標管理ワークショップ

5. 成功のための仕事の仕方

  • 仕事の仕方のOODA思考モデル(VSMA™)を見直す
  • 生産性向上方法論(PMQIR™)
  • 仕事の仕方見直し:PMQIR™ワークショップ
  • イノベーション実現の事業創成方法論(RPAD™)

6. リーダーの役割

  • マネジャーとリーダーの違い
  • 計画指示とビジョン共有の違い
  • 権限委譲と情報共有
  • リーダーの部下との会話の仕方:1 on 1 ワークショップ 

参加者全員に、本コースの参考文献ジョンボイド著 “Destruction and Creation” の日本語版を贈呈します。


研修セミナーのお問い合わせ

研修セミナー:OODAループによる組織改革」の詳細、「研修セミナー」「講演」「経営コンサルティング」「助言」などのお問い合せは、以下へお願いいたします。

アイ&カンパニー・ジャパン マーケティング本部担当

設計:アイ&カンパニー 入江仁之
出典:本論文の参考文献こちらを参照ください。
© 2017,2018  I & COMPANY or its affiliates. All rights reserved.